カップラーメンだけじゃない 専門家が指摘する青森県が短命な最大の理由

健康

2017/07/28 07:00

 平均寿命が最も短い県として知られる青森県。その短命の理由を探っていくと、いまの日本人の健康・医療課題と本質が見えてくる。週刊朝日MOOK「おいしい暮らしの相談室 糖尿病&高血圧」では、糖尿病や高血圧に関する地域性を取材。弘前大学大学院医学研究科の中路重之教授に、超高齢社会における健康社会モデルを聞いた。

あわせて読みたい

  • 食べ物だけじゃない あの習慣が「がんのリスク」を高める

    食べ物だけじゃない あの習慣が「がんのリスク」を高める

    週刊朝日

    12/11

    ZARD 坂井泉水を救急車で運んだ時、スタッフが本名、年齢を知らず…

    ZARD 坂井泉水を救急車で運んだ時、スタッフが本名、年齢を知らず…

    dot.

    5/27

  • 小林麻央さん結婚直後にAERAに語った「私がいなくなったら、姉が…」

    小林麻央さん結婚直後にAERAに語った「私がいなくなったら、姉が…」

    AERA

    6/26

    青森県民はなぜ死亡率1位? 「糖尿病」「高血圧」にかからない県は…

    青森県民はなぜ死亡率1位? 「糖尿病」「高血圧」にかからない県は…

    週刊朝日

    6/30

  • うどん県の悩みは「糖尿病」の死亡率 健康寿命“県民性”で明暗

    うどん県の悩みは「糖尿病」の死亡率 健康寿命“県民性”で明暗

    週刊朝日

    9/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す