刑事ドラマの「本庁と所轄の対立」はウソ? 実は関係は良好だった

ドラマ

2017/07/14 16:00

 最終回で視聴率16.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、自己最高で有終の美を飾った刑事ドラマ『小さな巨人』(TBS系)。ドラマでは、警視庁捜査一課と所轄が対立するシーンがあるが、『そこが知りたい!日本の警察組織のしくみ』(朝日新聞出版)の監修者である古谷謙一さんによると、実際にはあり得ないことだという。

あわせて読みたい

  • 『ドルチェ』文庫化に続き、誉田哲也のあの代表作がスピンオフで生まれ変わる!?

    『ドルチェ』文庫化に続き、誉田哲也のあの代表作がスピンオフで生まれ変わる!?

    BOOKSTAND

    6/9

    コブクロの新曲がドラマ「警視庁・捜査一課長」の主題歌に決定&新ALは6/15リリース

    コブクロの新曲がドラマ「警視庁・捜査一課長」の主題歌に決定&新ALは6/15リリース

    Billboard JAPAN

    3/28

  • 人気ドラマを引き継ぐ? 内藤剛志が「ポスト渡瀬恒彦」の呼び声が高い理由

    人気ドラマを引き継ぐ? 内藤剛志が「ポスト渡瀬恒彦」の呼び声が高い理由

    dot.

    4/26

    加藤ミリヤ×清水翔太 新曲がテレ朝の刑事ドラマ『TEAM』主題歌に

    加藤ミリヤ×清水翔太 新曲がテレ朝の刑事ドラマ『TEAM』主題歌に

    Billboard JAPAN

    3/26

  • 世田谷一家殺人 警視庁が公表しない真犯人の正体 宮澤さん母「生きているうちに真相を…」【平成事件史】

    世田谷一家殺人 警視庁が公表しない真犯人の正体 宮澤さん母「生きているうちに真相を…」【平成事件史】

    dot.

    12/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す