大野智が新作映画で見て欲しいのは「一瞬だけ映る…」

ジュニアエラ

2017/07/10 11:30

 鈴木亮平くん、満島真之介くんとは、「川」で対決した。とくに亮平くんとの「川」の殺陣は300手くらいあって、息を合わせるのが難しかったな。撮影に3日間もかかったし。満島くんとの「川」は、俺はよける殺陣が多かったので、彼のほうが大変だったと思う。ものすごく暑い日だったしね。

――映画では、戦国時代を生きたリアルな忍者が描かれています。現代を生きる大野さんから見て、当時の忍者はどのように映りましたか?

 今とは、常識がまったく違うなあと。忍者を含めてあの時代の人は、人を人と思ってない。人を愛するとか、守るとか、そういう気持ちもほとんどない。でも、本当にそんな時代があり、そこで生きた人がいたと想像すると、すごく恐ろしいし、悲しいと思った。

――もしも、大野さんが戦国時代の忍者の里にタイムスリップしてしまったら?

 現代人のメンタルのままっていうのが、いちばん困る!(断言)

 人を殺してもなんとも思わない世界だと思うから、そこに放り込まれたら、ただただつらいだけだよ。俺の場合、もうどうにもならないと思う。毎日ビクビクして、はしっこのほうで震えているだろうね。やったらやり返すとか、そういう精神、元からないから。

 逆に、その時代に生まれちゃったとしたら、その常識しか知らないのだから、何も疑問を持たずに無門のような忍者になっていたかもしれない。

 でもさ、無門がお国と出会ったことで変わったように、何かのきっかけで人は変わり、やがてそのときの「あたりまえ」もどんどん違う「あたりまえ」に変わっていくんだ。こうして時代は変わり、現代へとつながっているんだよね。この映画にかかわらせてもらったおかげで、そんなことをよく考えるようになったな。

――大野さんは歴史好きとのこと。歴史のどんなところに魅力を感じますか?

 見たいけれど見られないところかな。前に舞台で幕末の志士・新選組の沖田総司を演じることになり、新選組の本を読んだんだ。そうしたら、あんなに有名なのに沖田総司の写真はない。この「ない」というのが魅力だよね。実際に存在していた人物を想像するのがおもしろいっていうのかな。忍者も、実像はよくわからないし、もう見られない。でも、存在していたのも事実。そうしたら想像するしかなくて、それは俺にとってとても魅力的なことなんだ。

――最後に「映画のここを見て!」というポイントを教えてください!

 一瞬だけ映る、無門の子ども時代を演じた子役の顔が、俺の子ども時代に似ているよ!

ジュニアエラ 2017年7月号

朝日新聞出版

amazon
ジュニアエラ 2017年7月号
1 2

あわせて読みたい

  • 嵐・大野智の「好きな言葉は“3時間巻き”」通りの行動に驚き

    嵐・大野智の「好きな言葉は“3時間巻き”」通りの行動に驚き

    dot.

    7/7

    石原さとみ 水をこぼしたADに…顔だけじゃない“意外な魅力”

    石原さとみ 水をこぼしたADに…顔だけじゃない“意外な魅力”

    dot.

    12/26

  • 亀梨和也が寝る前に15分間している意外なこと

    亀梨和也が寝る前に15分間している意外なこと

    AERA

    3/30

    ミッツも驚愕  「木村拓哉」を過去にした“神レベル”の役者とは?
    筆者の顔写真

    ミッツ・マングローブ

    ミッツも驚愕  「木村拓哉」を過去にした“神レベル”の役者とは?

    週刊朝日

    5/16

  • 松本潤とゴール間近? 井上真央のプレッシャー

    松本潤とゴール間近? 井上真央のプレッシャー

    週刊朝日

    5/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す