小林麻央さんが否定した「遺伝性乳がん」とは? 発症リスク10倍、父娘遺伝も…

がん

2017/06/24 07:00

 乳がん闘病中だった小林麻央さん(34)が6月23日に亡くなった。ブログ「KOKORO.」では夫・市川海老蔵さん(39)と結婚した2010年7月ごろ、小林さんの母親が乳がんを患っていたと記され、一部で「遺伝性乳がん」と報道されていたが、ブログでは遺伝子検査の結果「BRCA1、BRCA2の変異はともに陰性で、遺伝性の乳がんではありませんでした」と否定していた。

あわせて読みたい

  • アンジェリーナ・ジョリーがきっかけで知られた「乳がん」の正しい知識

    アンジェリーナ・ジョリーがきっかけで知られた「乳がん」の正しい知識

    週刊朝日

    12/16

    小林麻央、「遺伝性乳がん」を否定 遺伝子検査で判明 「娘がとても心配。私のせいで将来もし…」

    小林麻央、「遺伝性乳がん」を否定 遺伝子検査で判明 「娘がとても心配。私のせいで将来もし…」

    dot.

    10/7

  • がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

    がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

    AERA

    12/16

    がん予防としての「卵巣切除」 メリットとデメリット

    がん予防としての「卵巣切除」 メリットとデメリット

    AERA

    7/19

  • 乳房切除のアンジーが受けた遺伝子検査とは

    乳房切除のアンジーが受けた遺伝子検査とは

    AERA

    5/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す