高橋由伸も現役時代に治療を受け完全復活!“神の手”を持つ整形外科医とは

朝日新聞出版の本

2017/01/09 11:30

 重症の患者や痛みに長年苦しんでいる人を救う外科医。自身の技術を上達させ、患者の負担が少ない低侵襲の手術を実践する名医に、週刊朝日MOOK「『名医』の最新治療」で迫った。その中から、出沢明PEDクリニック院長で、帝京大学溝口病院客員教授でもある、出沢明医師(64)を紹介する。

あわせて読みたい

  • 傷はわずか7ミリ!進化したヘルニアの内視鏡手術のポイントとは

    傷はわずか7ミリ!進化したヘルニアの内視鏡手術のポイントとは

    dot.

    5/18

    症状がないから気づかない!? 65歳以上の8割以上が患う病気「脊柱管狭窄症」とは

    症状がないから気づかない!? 65歳以上の8割以上が患う病気「脊柱管狭窄症」とは

    週刊朝日

    2/5

  • 【首・腰の手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    【首・腰の手術】専門医に聞くセカンドオピニオンをとるべきケースは?

    dot.

    3/18

    しびれや痛みで歩くのが困難… 椎間板ヘルニアより患者数が多い「脊柱管狭窄症」の怖さ

    しびれや痛みで歩くのが困難… 椎間板ヘルニアより患者数が多い「脊柱管狭窄症」の怖さ

    週刊朝日

    1/25

  • 腰痛を招く「狭窄症」と「ヘルニア」 2大疾患の基本と治療法

    腰痛を招く「狭窄症」と「ヘルニア」 2大疾患の基本と治療法

    週刊朝日

    10/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す