「逃げ恥」ガッキー&星野源が朝から“電波ジャック” 最終回で視聴率20%なるか? 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「逃げ恥」ガッキー&星野源が朝から“電波ジャック” 最終回で視聴率20%なるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#ドラマ
新垣結衣(c)朝日新聞社

新垣結衣(c)朝日新聞社

 一大ブームを巻き起こしている新垣結衣主演の火曜ドラマ「逃げる恥だが役に立つ」、通称「逃げ恥」。その最終回を迎える12月20日は、主演の新垣とその相手役・星野源が、朝からTBSの番組に出ずっぱりでドラマをアピールした。

【写真】名場面!「逃げ恥」フォトギャラリー

 早朝の情報番組「あさチャン!」では、ドラマのエンディングで出演者が踊る「恋ダンス」を星野自らがレクチャー。最後には新垣、星野が、夏目三久キャスターらあさチャン出演者とともに恋ダンスを披露、見事踊り終えると、周囲とハイタッチして喜び合うなど、ドラマでは見られないテンションが高い星野の姿が見られた。

 この後に出演した「白熱ライブ ビビット」では、コメンテーターのテリー伊藤が「(ドラマで星野が演じる)津崎平匡を演じられるのは、日本中探しても星野さん以外にいない」と絶賛した。その後もふたりは昼の情報番組「ひるおび!」、午後には「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」に出演、最後には夕方の情報番組「Nスタ」にも登場する予定で、まさに“電波ジャック”といった様相だ。

 実は星野、前日の月曜深夜1時~3時には、ラジオ番組「オールナイトニッポン」のパーソナリティーを務めており、これが生放送だとしたら、かなりハードなスケジュールということになる。しかし、それだけに最終回に向けた制作陣の意気込みも感じられる。

 最終回は、星野が歌う主題歌「恋」の中のフレーズでもある「夫婦を超えていけ」というタイトル。これまでも思わぬ展開に視聴者はくぎ付けだったが、新垣によると「最後も逃げ恥らしくジェットコースターな展開で、二人も壁に立ち向かっていきますので、最後まで見届けていただけたらと思います」とのこと。最後の最後まで急展開を楽しむことができそうだ。

 初回から右肩上がりで視聴率を更新するという異例の人気だった「逃げ恥」。最終回では視聴率20%超えなるか、というところも注目ポイントだが、今日の電波ジャックが奏功すれば、あるいはそれも見込めるかもしれない。

 また、すでに続編を望む声もあり、制作側にはすでにそういった動きもある、との見方もある。最終回を目前にしてもまだまだ話題に事欠かない「逃げ恥」。最終回放送後の反響も気になるところだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい