「SNSでの誹謗中傷は停学」…スマホにまつわる“校則” (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「SNSでの誹謗中傷は停学」…スマホにまつわる“校則”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.

高校生とスマホのあるべき関係とは!?

高校生とスマホのあるべき関係とは!?

 近年、生活の必需品ともなりつつあるスマートフォン。幼少期にすでにスマホが登場していた「スマホネイティブ」と呼ばれる中高生世代にとっては、日常の一部という感覚が強いかもしれない。

 そこで気になるのは、高校生はスマホでどんなことをしているのかということ。アンケートからは、現代の高校生とスマホとの関係が見えてきた。

 MMD研究所は8月26日~31日にかけて、「高校生のスマートフォン利用実態調査」を実施。921人の高校生の男女を対象に調査を行ったところ、全体の93%もの高校生がスマホを所持していることがわかった。

 スマホを所持している人を対象に「普段スマホでしていること」を複数回答でたずねると、もっとも多かったのが「LINE」(92.1%)で、次いで「インターネット検索」(88.8%)、「音楽を聴く」(77.7%)という結果だった。なかには「勉強で活用」(38.5%)という、今どきの学生らしい回答もあった。
                   
 何かと便利なスマホだが、学校での使用には制限を設けられていることが多いようだ。「あなたの学校にはスマートフォン・携帯電話に関する校則・ルールはありますか」(複数回答)という設問では、全体の8割以上が、何かしらのルールがあると回答。もっとも多かったのは「授業中の使用禁止」で61.1%。「構内での使用禁止」(37.4%)がそれに次いで多かった。なかには、そもそも「学校への持ち込み禁止」(12.6%)としている学校も……。携帯・スマホに対して厳しい態度をとる学校も少なくないようだ。

 また、具体的な校則についてたずねた設問では、以下のような回答が寄せられた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい