「応援している人たちに何か持ち帰らないと」 柔道男子銅メダル高藤選手 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「応援している人たちに何か持ち帰らないと」 柔道男子銅メダル高藤選手

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#リオ五輪
男子60キロ級3位決定戦、銅メダル獲得を決め、両手を広げて喜ぶ高藤直寿=長島一浩撮影  (c)朝日新聞社

男子60キロ級3位決定戦、銅メダル獲得を決め、両手を広げて喜ぶ高藤直寿=長島一浩撮影  (c)朝日新聞社

 男子柔道60キロ級銅メダルの高藤直寿は、「攻めに徹しすぎたというのが敗因。攻めと慎重さのバランスがかみあわなかった」と悔しさを見せる一方、敗者復活戦から勝ち上がって銅メダルを獲得したことに「胸を張って銅メダルを提げて帰ろうと思う」と語った。

 さらに、敗者復活戦に臨む前、「応援している人たちに何か持ち帰らないと」と気持ちを切り替えたという高藤は、「今までこんなに人の温かさを感じたことがなかった。みなさんの気持ちを感じながら戦えたことは、柔道だけじゃなくて人生にとってすごく大きな経験だった」と自らの胸中を言葉にした。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい