【速報】“号泣元県議”野々村被告に懲役3年執行猶予4年 神戸地裁 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【速報】“号泣元県議”野々村被告に懲役3年執行猶予4年 神戸地裁

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
元兵庫県議・野々村竜太郎被告(c)朝日新聞社

元兵庫県議・野々村竜太郎被告(c)朝日新聞社

 詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた、元兵庫県議・野々村竜太郎被告(49)の判決公判が7月6日、神戸地裁で開かれた。同地裁は、野々村被告に対して懲役3年執行猶予4年を言い渡した。

 検察側は「大胆不敵で狡猾な犯行。裁判では否認し、反省の態度もない」と懲役3年を求刑した。一方、弁護側は「記憶がなく否認せざるを得なかった。政務活動費は全額返還し、社会的制裁も受けた」と執行猶予付きの判決を求めていた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい