ブラックだけじゃない! 富山のラーメンがカラフルすぎる (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ブラックだけじゃない! 富山のラーメンがカラフルすぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#グルメ

白えび、ホタルイカ、ブリなど、新鮮な海の幸も有名な富山だが、最近はカラーラーメンが話題に……?(写真はイメージ)

白えび、ホタルイカ、ブリなど、新鮮な海の幸も有名な富山だが、最近はカラーラーメンが話題に……?(写真はイメージ)

 2015年3月の北陸新幹線開業以降、大きな賑わいを見せる富山県。日本海のさまざまな魚介類が集まる富山湾を有する富山の名物といえば、白えび、ホタルイカ、ブリなどが思い浮かぶ。

 楽天トラベルが調査した「富山県を旅した人が選ぶ!富山県・旅めしランキング」でも、10位までに魚介類が8品ランクインしており、その人気ぶりがうかがえる。

 そんななか、9位で健闘している富山ブラックラーメンは、全国的にも知名度の高い富山のB級グルメだ。「富山ブラック」と呼ばれるこのラーメンは、その名の通り見た目は真っ黒で、味は濃いめのしょうゆ味。さらに上から大量にかけられた粗挽き黒胡椒に塩辛いメンマと、総じて「塩辛い」味付けで、最初は違和感を覚える人も多いらしい。しかし、慣れてくると徐々にくせになってくるのだとか。地元民だけでなく観光客にも人気で、なかには「富山ブラックを楽しみに」富山を訪れる人もいるという。

 そんな富山ブラックに続けと、「入善(にゅうぜん)ブラウン」「入善レッド」「小矢部(おやべ)ホワイト」「高岡グリーン」と、新たなご当地ラーメンが続々と誕生、カラーラーメンとして人気を博している。

 入善ブラウンとレッドは、入善町の若者が町おこしのために地元で取水した海洋深層水を使ったラーメンを考案、10年から販売を開始した新名物だ。ブラウンはピリ辛で濃厚な海老味噌を使ったスープに、入善の海洋深層水を練り込んだ麺を。レッドは海洋深層水塩ベースのスープに、入善産の唐辛子と海洋深層水を練り込んだ麺を合わせた、まさにご当地ラーメンといえる一品だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい