性的欲求だけじゃない! 不倫にハマる男の“悲しい性”

ベッキー

2016/02/18 16:00

「不倫に限らず、物質や行動に依存する理由として、現実のつらさと向き合えないことが特徴として挙げられます。例えば、自分の『理想と現実』に大きなギャップがある人。イクメンを政策に掲げた宮崎元議員ではないですが、『妻を支えるいい夫でありたい』、『家庭を守るよき父でありたい』、『格好いい仕事人でありたい』といった思いを抱えながらも、その目標設定が本来の自分の姿と大きく異なるとき、常に大きなストレスを抱え、苦しむことになるのです」(同)

 自分の理想と現実にあまりに差があり、駄目な現実から目を背ける。そして、その現実から逃避するために「不倫依存」ともいうべき状態に陥ってしまうのだ。 では、こうした依存から脱却するためには、どうすればいいのか。

「本来の自らの人生目標を明確にして、自分の現実の姿と向き合う勇気が必要です。口で言うのは簡単ですが、時間も必要で苦労も少なくありません」(同)

 不倫に盲進しても、心は満たされず、その代償はあまりにも大きい。問題の大きさはあれ、麻薬や覚せい剤への依存にも似ている。

男はなぜこんなに苦しいのか

海原純子著

amazon
男はなぜこんなに苦しいのか
1 2

あわせて読みたい

  • ゴム着ければ不倫OK…「放し飼い婚」というヘンな夫婦関係

    ゴム着ければ不倫OK…「放し飼い婚」というヘンな夫婦関係

    dot.

    11/17

    セックスは◯◯…“吐き出しパートナー”を求める女性が増えている!

    セックスは◯◯…“吐き出しパートナー”を求める女性が増えている!

    dot.

    9/8

  • 20代前半女子“9割が好き” AERAセックス特集「500人調査」で分かった意外な実態

    20代前半女子“9割が好き” AERAセックス特集「500人調査」で分かった意外な実態

    AERA

    10/17

    合意の上で複数と同時に性愛を楽しむ “オープンな関係”が可能なサイト

    合意の上で複数と同時に性愛を楽しむ “オープンな関係”が可能なサイト

    AERA

    10/19

  • 人間とセックスするロボット、年内にも市場に?

    人間とセックスするロボット、年内にも市場に?

    1/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す