実録! 私が見た「ゲス」を極めた男たち (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

実録! 私が見た「ゲス」を極めた男たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#ベッキー#恋愛
女性の悩みは深い…(イメージ)

女性の悩みは深い…(イメージ)

 ゲスな男がいるからこそモテる男が際立つのかもしれない――。タレント・ベッキーの不倫騒動のお相手が人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音であったことから、今年になって“ゲス”という、普段、あまり使われていない言葉を見聞きするようになった。

 そこで今回、目下、婚活中というアラフォー女性たちに、「私がお見合いで出会ったゲスな男たち」というお題で話を聞いてみた。

「お見合い写真では俳優の浅野忠信さんをちょっとふっくらさせたかな……って感じだったんです。でもお見合いの席で待っていたのは、吉本新喜劇の烏川耕一さんがもっと太ってはげて老けたかなという方でした。唯一、写真通りだったのは目元と耳の形だけでしたね」

 語気荒く憤りをあらわにするのは東京都内の公立小学校教諭をしているエリさん(40)だ。教職で多忙な生活から生涯の伴侶を見つける機会に恵まれなかったことから、大枚・30万円を支払って結婚相談所に入会し、紹介されたのが“彼”だった。

「話してみると同じ教員同士ということで。まあ、悪い人ではなかったのですが。でも、ここまであからさまな写真の修整をする人はちょっと生涯の伴侶としてはムリと判断してお断りしました」(エリさん)

 お見合いの席では自分を偽らないほうがいいという。事実、恋愛・結婚事情に詳しいフリーライターの志村ひな子さんも、「お見合いの席では“素の自分”で勝負すべきだ」だと語る。

 とはいえ、“素の自分”も程度問題ではないか。東京都内在住のマナー講師、サチコさん(38)は、婚活パーティーで知り合い気の合った地方公務員男性(46)から自宅に招かれた.。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい