阪神・淡路大震災から21年…毎年慰霊祭を取材する地元記者が忘れられない“被災者”

地震

2016/01/17 05:46

 1995年1月17日――死者約6400人、負傷者約4万4000人を出した阪神・淡路大震災は、きょうで21年目を迎えた。未曾有の震災から20年以上経過した今も、神戸市各地で震災の慰霊祭が行われている。毎年、慰霊祭に訪れた人を取材してきた地元記者が被災者の声をレポートする。

あわせて読みたい

  • 阪神・淡路大震災 被災者が感じた後ろめたさ

    阪神・淡路大震災 被災者が感じた後ろめたさ

    週刊朝日

    1/22

    神戸大空襲、阪神・淡路大震災を耐え抜いた「神戸の壁」

    神戸大空襲、阪神・淡路大震災を耐え抜いた「神戸の壁」

    dot.

    1/17

  • 資金難で継続危ぶまれる「神戸ルミナリエ」 震災から20年 追悼の灯りは消えてしまうのか?

    資金難で継続危ぶまれる「神戸ルミナリエ」 震災から20年 追悼の灯りは消えてしまうのか?

    dot.

    12/4

    BE KOBE 震災から20年、できたこと、できなかったこと

    BE KOBE 震災から20年、できたこと、できなかったこと

    週刊朝日

    2/12

  • あわや大惨事!神戸ルミナリエ 地元店舗「イベント自体、もうやめるべき」

    あわや大惨事!神戸ルミナリエ 地元店舗「イベント自体、もうやめるべき」

    dot.

    12/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す