失明危機! 突然視野が欠ける「眼底出血」の“恐怖” (1/6) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

失明危機! 突然視野が欠ける「眼底出血」の“恐怖”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#病気

中年男性を襲った突然の病とは!?(※イメージ写真)

中年男性を襲った突然の病とは!?(※イメージ写真)

 眼が見えなくなるかもしれない――そんな恐怖に見舞われて、もう5カ月目になる。

 今も左眼視野の約4分の1が欠けた状態だ。その視野はクリアに見える箇所のほかは、グレーのペンキでベタッと塗りつぶしたようなそれにくっきりとわかれている。いわゆる“霧視”といわれる症状が発症以来、今もずっと続いているのだ。右眼だけは視力を保っているが、医師の話では、「将来的には両眼とも視野が欠ける可能性はある」という。初診以来、なかなか病名がつかなかった。そしてやっとついたのが、「(原因不明の)眼底出血」という病名だった。

 そんな今にも光を失うかもしれないとのおびえと日々向き合うフリーランス・ライター(43)の私の体験を、この誌面上につづってみたい。今、眼底出血、網膜中心静脈閉塞症などの眼の病に悩む人の何がしかの参考になれば幸いだ。

 今でもその日の様子は鮮明に覚えている。今年4月下旬、この日、疲れとストレスはピークに達していた。そんな時、決まってあらわれるのが眼痛だった。それも左眼の眼球内をキリで外側から内側へとギリギリと刺すような痛みである。この日の朝もそうだった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい