篠原涼子らに続け!新生「東京パフォーマンスドール」快進撃 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

篠原涼子らに続け!新生「東京パフォーマンスドール」快進撃

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
新生「東京パフォーマンスドール」と帽子をかぶっているのが先代リーダーの木原さとみ

新生「東京パフォーマンスドール」と帽子をかぶっているのが先代リーダーの木原さとみ

現リーダーの高嶋菜七(たかしまなな 18)

現リーダーの高嶋菜七(たかしまなな 18)

上西星来(じょうにしせいら 18)は女優やモデル業も

上西星来(じょうにしせいら 18)は女優やモデル業も

浜崎香帆(はまさきかほ 18)は腹筋200回も平気!?

浜崎香帆(はまさきかほ 18)は腹筋200回も平気!?

 6月11日、池袋サンシャインシティ噴水広場は1000人を超えるファンの熱い声援で沸いた。9人組ダンス&ボーカルグループ、東京パフォーマンスドールのメジャー・デビュー1周年記念イベントだ。

 先代TPDの結成はちょうど四半世紀前、1990年のこと。”アイドル冬の時代”に彗星のごとく登場し、小室哲哉などに曲作りを依頼、さらに「オーヴァーナイト・サクセス」や「キャント・ストップ・ザ・ミュージック」など海外曲の斬新なカバーでも耳目を集めた。横浜アリーナや日本武道館でのライブを成功させたのち、96年に活動を停止。木原さとみをリーダーに、篠原涼子、穴井夕子、市井由理(EAST END×YURI)などを輩出した。

 一方、新生TPDは2013年6月に復活。14年6月にCDデビューし、最新シングル「DREAMIN'」はオリコンデイリーランキング2位(6/10付)を獲得した。今回のイベントには先代TPDのリーダーである木原もサプライズで登場、現リーダーの高嶋菜七(たかしまなな 18)とエールをかわし、「(新生TPDのステージを見ていると)当時に返ったような気分になって嬉しいです。本当にパワフルで、見ていて飽きないステージを受け継いでいます。(観客に向けて)一緒に応援していきましょう!」と力をこめた。

●新生TPDメンバーは多彩多芸。第二の篠原涼子になるのは?

 新生TPDメンバーで、女優やモデル業にも積極的に取り組んでいるのが上西星来(じょうにしせいら 18)。10月から渋谷のPARCO劇場などで再々演される舞台「ダブリンの鐘つきカビ人間」(主演:佐藤隆太)ではヒロイン・おさえを演じる。初演では水野真紀、再演では中越典子が演じた大役だ。彼女はファッション誌「Ray」の専属モデルも23日発売の8月号から務める。「肌や髪はもちろん、顔のパーツがキレイ! しかもキレイ過ぎない可愛さがいい。」と、同誌編集長も期待を寄せている。

 側転を取り入れたダンスや安定感のあるボーカルでファンの心をつかむ浜崎香帆(はまさきかほ 18)は、コミック雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」30号(6月22日発売)の表紙を飾る。アプガの略称で注目を集める7人組グループ、アップアップガールズ(仮)の森咲樹(もりさき 21)との”競演”だ。「筋トレは毎日やっているんですけど、表紙が決まってからは倍ぐらいの回数をこなしました。腹筋は多い時で1日200回ぐらいです」。富士山頂ライブなどで"アスリート系アイドル"としての地位を高めてきたアプガにとって、歓迎すべき好敵手になるだろう。

 今回のイベントでは全5曲を披露。先代TPDの名曲「ダイヤモンドは傷つかない」なども、新しいアレンジで蘇らせた。先に触れたメンバーだけではなく全員に活躍の場が用意され、それぞれが伸びやかな歌声、華麗なダンス・パフォーマンスで魅了する。ひとりひとりも魅力的だが、9人が集まって歌い踊ったときのパワーがとにかく圧倒的だ。ベテラン・ファンには先代のメンバーの残像を探す楽しみがあり、10~20代のファンはまったく新しいグループとして味わえるはずだ。

 いろんな楽しみ方ができるエンターテインメント集団、それが東京パフォーマンスドールなのである。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい