“ヌケる”だけじゃない!? 官能小説の新潮流とは

セックス

2015/05/30 16:00

 出版不況をものともせず、コアな読者の熱い支持を得て、書店の片隅をひそかに彩っているジャンルがある。官能小説、いわゆる“エロ小説”といわれる分野だ。官能小説研究の第一人者である永田守弘氏は、著書『日本の官能小説――性表現はどう深化したか』(朝日新書)の中で、そんな官能小説の変遷を解説している。

あわせて読みたい

  • 女性のための

    女性のための"エロティック文庫"「フルール」創刊 エロメン一徹も推す理由とは?

    BOOKSTAND

    9/13

    女流官能小説の書き方

    女流官能小説の書き方

    3/5

  • 『ザ・流行作家』の凄絶な生き様

    『ザ・流行作家』の凄絶な生き様

    4/25

    古賀茂明「安倍総理個人の倫理規範も継承した菅政権」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「安倍総理個人の倫理規範も継承した菅政権」

    週刊朝日

    9/15

  • 古賀茂明「官邸のえこひいきで堕落した官僚」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「官邸のえこひいきで堕落した官僚」

    週刊朝日

    6/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す