「戦艦武蔵」沈没状況が明らかに! 船体はバラバラ、中央部に激しい損傷 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「戦艦武蔵」沈没状況が明らかに! 船体はバラバラ、中央部に激しい損傷

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#戦艦武蔵
戦艦武蔵の艦首(ポール・アレン氏のホームページより)

戦艦武蔵の艦首(ポール・アレン氏のホームページより)

15.5センチ砲。左側は上部。砲身は失われていた

15.5センチ砲。左側は上部。砲身は失われていた

戦艦武蔵の艦橋部分(ポール・アレン氏のホームページより)

戦艦武蔵の艦橋部分(ポール・アレン氏のホームページより)

 米国マイクロソフト社の共同創業者であるポール・アレン氏は3月13日午前、フィリピン近海の沈む戦艦武蔵の「ライブ配信」を行った。艦首や艦の前部に装備されていた「15.5センチ砲」の砲塔、砲弾、機銃などが鮮明に映し出されたほか、長らく謎だった沈没状況も明らかになった。

 「15.5センチ砲」は「副砲」と呼ばれ、武蔵のなかで二番目に大きな“大砲”だ。船体から砲塔が外れた状態で海底に沈んでいた。また、砲身は失われていたが、内部の構造がわずかに見える。このほか、大砲の砲弾とみられる残骸も公開されたが、主砲か副砲なのか、現時点では判別がつかない。

 1944年10月、戦艦武蔵が米軍機の猛攻で撃沈されて以来、謎とされてきた沈没状況もわかった。海底に到達する前に、船の中央部分はバラバラになってしまい、ほとんど原形をとどめていない。「ある程度は原形が残っているのではないか」という期待もあったが、激しい戦闘のダメージはやはり大きかったようだ。

 とはいえ、艦橋は原形をよく残している。敵艦との距離を測る「測距儀」や双眼鏡を設置する部分も鮮明に映っている。ただ、注目が集まっていた主砲である「46センチ砲」の砲塔部分は見つかっていない模様だ。

 今回の調査結果を詳しく分析すれば、戦艦武蔵の“最期”がはっきりする可能性も高い。

(dot.編集部・金子哲士)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい