ポール・アレン氏が「戦艦武蔵」新映像 「15.5センチ砲」回転台や装甲板… 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ポール・アレン氏が「戦艦武蔵」新映像 「15.5センチ砲」回転台や装甲板…

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#戦艦武蔵
「15.5センチ砲」の回転台とみられる(ポール・アレン氏のHPより)

「15.5センチ砲」の回転台とみられる(ポール・アレン氏のHPより)

ポンプ室の残骸?(ポール・アレン氏のHPより)

ポンプ室の残骸?(ポール・アレン氏のHPより)

プレートのようなもの(ポール・アレン氏のHPより)

プレートのようなもの(ポール・アレン氏のHPより)

バルブとみられる残骸(ポール・アレン氏のHPより)

バルブとみられる残骸(ポール・アレン氏のHPより)

 太平洋戦争中、フィリピン近海で沈んだ戦艦武蔵を発見した、米国マイクロソフト社の共同創業者であるポール・アレン氏は、新たな映像を公開した。

 映像には、戦艦武蔵の後部に搭載されていた「15.5センチ砲」の回転台や船底の「ポンプ室」、「機材の識別プレート」、「バルブ」、「装甲板」とみられる残骸が映し出されている。

 ポール・アレン氏は、きょう13日午前10時から自身のホームページなどで、海底に沈む戦艦武蔵の様子をライブ配信する予定だ。さらなる発見に期待が集まっている。

(dot.編集部・金子哲士)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい