エネルギー自給率75%「星のや 軽井沢」エコ対策は本気だった!

2014/11/17 16:54

 いまや「星のや 軽井沢」と言えば、日本の“おもてなし”が体験できる宿泊施設として、国内外で評価が高い。浅間山のふもとに広がる同施設の敷地面積は実に約4万平方メートル。今や日本だけでなく海外にも展開している「星野リゾート」だが、1914(大正3)年以降続く会社としての歴史もこの日本を代表する避暑地、軽井沢から始まっている。

あわせて読みたい

  • 「パリ協定」は実現可能? 具体的戦略のない日本に対し世界は…

    「パリ協定」は実現可能? 具体的戦略のない日本に対し世界は…

    dot.

    5/7

    まさに日本向き! 小水力発電が自治体にモテる理由

    まさに日本向き! 小水力発電が自治体にモテる理由

    週刊朝日

    10/26

  • 「名水の里」が取り組む小水力発電のポテンシャルとは

    「名水の里」が取り組む小水力発電のポテンシャルとは

    dot.

    1/14

    さらなる「揚水発電」が日本を救う? 辛坊治郎氏が提案

    さらなる「揚水発電」が日本を救う? 辛坊治郎氏が提案

    週刊朝日

    12/25

  • 日本の再生可能エネルギー、その可能性と現実

    日本の再生可能エネルギー、その可能性と現実

    BOOKSTAND

    8/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す