逢引きに罰金、変死体まで?「ブラタモリ」でも紹介された江戸のおもしろ坂名の由来

朝日新聞出版の本

2014/06/20 11:30

 街歩きが楽しい新緑の季節がやってきた。今回は、坂道愛好者であるタモリさんと「日本坂道学会」を結成する、坂道研究家の山野勝さんに、今も残る江戸のおもしろ坂名の由来を伺った。知っているといつもの散策がより楽しくなるうんちくの数々を紹介。

あわせて読みたい

  • タモリ、18年ぶりの著書。港区87の名坂・14コースを歩き語り尽くす!

    タモリ、18年ぶりの著書。港区87の名坂・14コースを歩き語り尽くす!

    BOOKSTAND

    12/12

    都心からも富士山を望めた55年前の大塚「富士見坂」をかける坂の上の停留所
    筆者の顔写真

    諸河久

    都心からも富士山を望めた55年前の大塚「富士見坂」をかける坂の上の停留所

    AERA

    12/14

  • タモリも愛する「坂道」で繰り広げられるリアルな人間模様

    タモリも愛する「坂道」で繰り広げられるリアルな人間模様

    BOOKSTAND

    3/14

    都心の渓谷「お茶の水」の坂道を走る51年前の都電 江戸期から続く名所の変貌
    筆者の顔写真

    諸河久

    都心の渓谷「お茶の水」の坂道を走る51年前の都電 江戸期から続く名所の変貌

    AERA

    4/25

  • 妖怪伝説残る「猫又坂」と歴史を重ねた「白鷺坂」 急勾配をトロトロ上る56年前の都電
    筆者の顔写真

    諸河久

    妖怪伝説残る「猫又坂」と歴史を重ねた「白鷺坂」 急勾配をトロトロ上る56年前の都電

    AERA

    11/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す