「実家を出たくても出られない」経済的独立が困難な若者たち

おひとりさま

2013/07/13 09:31

 2007年のサブプライムローン問題によって起きた金融危機やリーマンショックの影響で、日本の多くの企業の業績が悪化し、就職氷河期が訪れた。とくに2009年卒以降の大卒の内定率は急激に減少し、近年は就職氷河期に見舞われている。しかし、そんな就職氷河期にも回復の兆しが見えてきたようだ。

あわせて読みたい

  • 激増する中年パラサイト・シングル 将来は「下流かつ孤立老人」に?

    激増する中年パラサイト・シングル 将来は「下流かつ孤立老人」に?

    週刊朝日

    1/24

    DV被害も「結婚のため我慢」 アラフォー女性の生きづらい現実

    DV被害も「結婚のため我慢」 アラフォー女性の生きづらい現実

    AERA

    10/1

  • アラフォー就職氷河期世代を「自己責任」と言えない“構造的不遇”とは?

    アラフォー就職氷河期世代を「自己責任」と言えない“構造的不遇”とは?

    AERA

    10/1

    21年卒就職内定率「鈍化」も「悲観する必要なし」 企業の学生集め、オンライン対応苦戦が原因か

    21年卒就職内定率「鈍化」も「悲観する必要なし」 企業の学生集め、オンライン対応苦戦が原因か

    AERA

    6/3

  • 「自己責任と言われても」就職氷河期世代を待ち受ける受難の老後

    「自己責任と言われても」就職氷河期世代を待ち受ける受難の老後

    AERA

    1/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す