「薬が切れるのが心配」…がんサバイバーで増える医療用麻薬依存の深刻

がん

2021/05/24 08:00

 医療用麻薬による依存症が増えている。がん患者を中心に、痛み止めとして一回に数百錠を処方されている患者もいるという。医師が処方するからといって安全とは限らない。医療用麻薬に関する知識が不十分な医師も少なくないのだ。今、日本でも深刻な問題となりつつある医療用麻薬の大量使用について、獨協医科大学医学部麻酔科学講座の山口重樹教授に聞いた。(医療ジャーナリスト・木原洋美)

あわせて読みたい

  • がんの痛み取り除く治療「日本は先進国では最低水準」

    がんの痛み取り除く治療「日本は先進国では最低水準」

    週刊朝日

    2/8

    「これでは腰痛は治らない」五輪ドクターが整形外科医に喝!!

    「これでは腰痛は治らない」五輪ドクターが整形外科医に喝!!

    週刊朝日

    7/12

  • 治りにくい神経の痛みは「安静よりもむしろ運動を」

    治りにくい神経の痛みは「安静よりもむしろ運動を」

    週刊朝日

    2/21

    がんが再発・転移しても「がんとの共存」は可能 助けとなる「緩和ケア」とは?

    がんが再発・転移しても「がんとの共存」は可能 助けとなる「緩和ケア」とは?

    dot.

    3/23

  • 自宅に戻っても寿命は変わらない? 小林麻央さん、最後の1カ月

    自宅に戻っても寿命は変わらない? 小林麻央さん、最後の1カ月

    週刊朝日

    6/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す