妻をブラッド・ピットに寝取られた!? 踏んだり蹴ったりのマイク・タイソン (1/2) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

妻をブラッド・ピットに寝取られた!? 踏んだり蹴ったりのマイク・タイソン

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイク・タイソンダイヤモンド・オンライン
1988年、タイソンはロビン・ギヴンスと結婚。彼女との出会いが、タイソンの運命を大きく狂わせていった。

1988年、タイソンはロビン・ギヴンスと結婚。彼女との出会いが、タイソンの運命を大きく狂わせていった。

史上最強の男マイク・タイソンの仰天エピソード

●怯えるブラッド・ピット

 史上最年少で世界ヘビー級タイトルを獲得し、飛ぶ鳥を落とす勢いだった1980年代後半のタイソン。そんな頃、彼はテレビに出演していた一人の美しい黒人女性に心を奪われる。さっそく八方手を尽くして彼女の連絡先を調べ、ディナーの約束を取り付ける。美女の名はロビン・ギヴンス。タイソンの最初の結婚相手になる女性だ。だが、ロビンは名うてのセレブハンターだった。2人の結婚生活はあっという間に終わりを告げ、莫大な慰謝料を巡って泥沼の離婚協議を繰り広げることになる。そんなときに事件は起こった──。

[以下『真相:マイク・タイソン自伝』より]

 ロビンとの離婚協議は続いていたが、そんな状態でもロビンとは会っていた。ロサンジェルスにいるときは、セックスだけが目的で訪ねていった。いちど、ランボルギーニ・カウンタックであいつの家に乗りつけたことがあった。ドアをノックしたが返事がない。妙だな。車に戻っていくと、見覚えのある白いBMWのコンバーティブルが見えた。見覚えがあってあたりまえだ、俺がロビンに買ってやったんだから。

“ありがたい、まだ急げばやっていける”と思ったら、助手席にブロンドの髪をなびかせた白いシルエットが見えた。ちきしょう、たぶん、『ヘッド・オブ・ザ・クラス』[ロビンが出演していたテレビ番組]に出演している仲間だろう。ところが、よく見ると男だった。フェラチオしていたのかもしれない。二人が車を停めて降りてくると、男はブラッド・ピットだった。

 家の前に立っている俺を見たブラッドの顔ったら、見せてやりたかったな。まるでいまわの際のようだった。そのうえ、酔ってフラフラだった。俺の顔を見たとたん、腰が砕けそうになった。「お、おい、殴るな、殴らないでくれ。ちょっと台詞の読み合わせをしていただけだ。彼女はずっとあんたのことを話していた」

「お願い、マイケル、お願いだから、何もしないで」と、ロビンが叫んでいた。死ぬほどおびえた表情で。だが、誰もぶちのめす気なんかなかった。あいつのために刑務所へ行く気はなかったし、離婚する前にちょっと一回と思っただけだ。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい