萩本欽一 テレビでどうしても「バカ」を使わなくちゃいけないとき、僕が工夫してきたこと (1/2) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

萩本欽一 テレビでどうしても「バカ」を使わなくちゃいけないとき、僕が工夫してきたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
(撮影/榊智朗)

(撮影/榊智朗)

萩本欽一(はぎもと・きんいち)
1941年、東京・下谷生まれ。高校卒業後にマヌケないきさつで浅草の東洋劇場に入る。生来のマヌケさから3ヵ月でクビになりかけるが、マヌケさが幸いして命拾い。66年に坂上二郎とコンビ「コント55号」を結成。マヌケパワーが花開いて時代の寵児となる。
80年代には「欽ちゃんのどこまでやるの!」「欽ドン!良い子悪い子普通の子」「欽ちゃんの週刊欽曜日」など、手がけたテレビ番組が軒並み高視聴率を叩き出し「視聴率100%男」と呼ばれた。マヌケの底力を世に知らしめるとともに、自分でもビックリする。85年、マヌケなタイミングで休養宣言。その後も、長野オリンピック閉会式総合司会、「24時間テレビ」「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」などで活躍。2015年4月に駒澤大学仏教学部に入学。4年間にわたって楽しく実り多いマヌケな学生生活を過ごし、19年春に自主退学。現在は「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」(NHK BSプレミアム)などで、また新たなお笑いを生み出している。
誰よりも「マヌケ」に助けられたものとして、その真価や真意がいまひとつ理解されていないことに、歯がゆさを覚え続けてきた。「マヌケ」の素晴らしさと活用法を広めることで多くの人々を救いたい――。この本は、いわば「マヌケ100%男」の人生の集大成である。

萩本欽一(はぎもと・きんいち)
1941年、東京・下谷生まれ。高校卒業後にマヌケないきさつで浅草の東洋劇場に入る。生来のマヌケさから3ヵ月でクビになりかけるが、マヌケさが幸いして命拾い。66年に坂上二郎とコンビ「コント55号」を結成。マヌケパワーが花開いて時代の寵児となる。 80年代には「欽ちゃんのどこまでやるの!」「欽ドン!良い子悪い子普通の子」「欽ちゃんの週刊欽曜日」など、手がけたテレビ番組が軒並み高視聴率を叩き出し「視聴率100%男」と呼ばれた。マヌケの底力を世に知らしめるとともに、自分でもビックリする。85年、マヌケなタイミングで休養宣言。その後も、長野オリンピック閉会式総合司会、「24時間テレビ」「欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞」などで活躍。2015年4月に駒澤大学仏教学部に入学。4年間にわたって楽しく実り多いマヌケな学生生活を過ごし、19年春に自主退学。現在は「欽ちゃんのアドリブで笑(ショー)」(NHK BSプレミアム)などで、また新たなお笑いを生み出している。 誰よりも「マヌケ」に助けられたものとして、その真価や真意がいまひとつ理解されていないことに、歯がゆさを覚え続けてきた。「マヌケ」の素晴らしさと活用法を広めることで多くの人々を救いたい――。この本は、いわば「マヌケ100%男」の人生の集大成である。

「マヌケ」という言葉は、「バカ」と混同されがちだけど、「マヌケ」という言葉を使っていたら人間関係も仕事関係も良くなっていくし、マヌケであればあるほど運はたまっていくよ!

 そんな、欽ちゃんのあったかい言葉が詰まった本『マヌケのすすめ』が、発売になりました。この連載では『マヌケのすすめ』から、とくに心に響く部分を抜粋して、萩本欽一さんの言葉を紹介していきます。(撮影/榊智朗)

●仕事として「バカ」という言葉でキレを出したあとに、濁す意味でオマケを付け加える

 さっきから「バカ」は使っちゃいけない、「マヌケ」を使いましょうって言ってるけど、 ぼくもテレビや舞台ではさんざん「バカ」を使ってきたんだよね。

 コントとかのお笑いでは、キレがいい響きの「バカ」じゃないとドカンと落ちない。

「バ」の濁点ってとっても強くて、聞く人の耳にスパーンって入っていくんですよ。

「マヌケ」は「まみむめも」があって、次が「なにぬねの」ですからね。ふにゃふにゃっとしてて、耳に入っていかないから、「このマヌケ!」だと笑ってもらえない。

 だからぼくも、準オチっていってオチに準ずるような場面では、「このバカ!」って言ってた。

 笑いの方程式でいくと、使わざるを得ないんだよね。

 ただ、「バカ」っていうキツイ言葉をそのまま使いたくないなとは、ずっと思ってました。。

 なるべくね、テレビを見ている人に不快感を与えないように、「バカ」とか「バカじゃん」 ではなくて、「バッカ~ンよぉ」「バッカ~ンなのぉ」って言うようにしてたつもり。

 仕事として「バカ」という言葉でキレを出したあとに、濁す意味でオマケを付け加える。   

 「バカ」っていう言葉が持っている力も、マイナスの部分も知っていたから、そうしてきたの。

 まあ、それでも「バカ」っていう単語に反応して「子どもが汚い言葉を真似したらどうするんです!」って、怒ってくる人たちはいたけどね。

 さっきの「そうしてきたの」もそうだけど、ぼくは昔からコントでもインタビューでも「女言葉」を使ってきた。

 これも、「バカ」を濁しているのと意味は同じですね。

 響きのキツさをなるべくやわらげたいなと思っていたら、いつの間にか「女言葉」になっちゃった。

 狙いや計算があったわけじゃなくて、いわばマヌケな響きを目指した結果だよね。

 「なんでそうなるの」と「どうしてそうなるんだ」では、印象がずいぶん違う。

 昔『コント55号のなんでそうなるの?』っていう番組をやったけど、あれがもし『コント55号のどうしてそうなるんだ?』だったら、怖そうで見る気がしないよね。

 怖い顔で詰め寄られているみたいで、間違ったことを言ったら、それこそ「このバカ!」って怒られそう。

 言葉を使う上で、響きってすごく大事なんだよね。

「マヌケ」っていう言葉が、やさしく許しているように聞こえるのは、響きがやわらかいからっていうのが、すごく大きい。

 自分が使う言葉の響きに無頓着だと、思わぬ誤解を招くことがあるかもね。

(本原稿は、萩本欽一著『マヌケのすすめ』からの抜粋です)
*撮影協力/駒澤大学


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい