サイボウズ青野社長が説く「会社というモンスター」に振り回されない覚悟

企業

2019/01/16 17:25

「働き方改革」の旗手として名高いサイボウズ。同社が続けてきた組織改革の背景には、経営トップと従業員がどのような関係性の中で事業を共創していくべきかという、青野慶久社長の深い自問自答があった。その果てに、青野社長は「会社というモンスターに振り回されてはならない」と公言するに至った。彼はサイボウズという会社を通じて、働く人々に何を訴えようとしているのか。まずは「ホンネの会社論」を語ってもらおう。

あわせて読みたい

  • サイボウズや今治タオルも…社員の「わがまま」が会社の売り上げを伸ばす

    サイボウズや今治タオルも…社員の「わがまま」が会社の売り上げを伸ばす

    dot.

    6/22

    「会議は公開生放送と考えよ」サイボウズ青野社長に聞く リモート時代の新会議術

    「会議は公開生放送と考えよ」サイボウズ青野社長に聞く リモート時代の新会議術

    dot.

    6/9

  • サイボウズ社がリーマンショック後に売り上げを伸ばせたのは、一人の社員の「わがまま」のおかげだった

    サイボウズ社がリーマンショック後に売り上げを伸ばせたのは、一人の社員の「わがまま」のおかげだった

    dot.

    6/8

    「大事なのは“伏業”にしないこと」サイボウズ青野慶久社長が副業を語る

    「大事なのは“伏業”にしないこと」サイボウズ青野慶久社長が副業を語る

    AERA

    12/18

  • 仕事を「二つ」に絞って効率アップ サイボウズ社長の“時短術”

    仕事を「二つ」に絞って効率アップ サイボウズ社長の“時短術”

    AERA

    4/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す