サラリーマンでも、「手取り」は増やせる! (2/3) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サラリーマンでも、「手取り」は増やせる!

このエントリーをはてなブックマークに追加
深田晶恵ダイヤモンド・オンライン
「年収が上がったのに、あんまり手取りが増えていない……」そう感じる人は多いのでは?(※写真はイメージ)

「年収が上がったのに、あんまり手取りが増えていない……」そう感じる人は多いのでは?(※写真はイメージ)

●サラリーマンでも手取りは増やせる!

 よく「サラリーマンの収入はガラス張り」と言われます。さらに、勤務先の年末調整が済めば、基本的には自営業やフリーランスのように毎年確定申告する必要はないため、「サラリーマンは税金を安くして、手取りを増やすことなどできない」と考える人が多いでしょう。本当にそうでしょうか。いえいえ、そんなことはありません

 サラリーマンでも、税金や、控除の仕組み、そして、最近、始まった、税金を減らせる年金制度のことがわかれば、手取りが増やすことができるのです。

 たとえば、税金を減らせるIDeCo(個人型確定拠出年金)という制度があります。はじめて知る人には、字面からなんだか難しそうに感じますね。これはやりたい人だけがやるという制度なので、まだ、たった1割の人しか始めていません。でも、実は「自分の年金を自分で貯めることによって、その分、納めている税金が戻ってくる!」という究極の節税制度なのです。これはやらないとソンですね。自分の将来のためにお金を貯めることで、今の手取りを増やすことができるのです。さらに、税金の仕組みを知っておくと、いいことがあります

●退職金の受け取り方法で130万円の手取りが違う!

 たとえば、将来、あなたがサラリーマンを卒業して、めでたく退職金を受け取るとします。退職金というのは、イメージでは退職時にまとめて一括で受け取るもの、と思っているかもしれません。



トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい