「嫌いな部下」とも良好な関係を築くには、「◯◯」さえ徹底すればよい。 (1/4) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「嫌いな部下」とも良好な関係を築くには、「◯◯」さえ徹底すればよい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
荒川詔四:㈱ブリヂストン元CEOダイヤモンド・オンライン
荒川詔四(あらかわ・しょうし)/世界最大のタイヤメーカー株式会社ブリヂストン元CEO。1944年山形県生まれ。東京外国語大学外国語学部インドシナ語学科卒業後、ブリヂストンタイヤ(のちにブリヂストン)入社。タイ、中近東、中国、ヨーロッパなどでキャリアを積むほか、アメリカの国民的企業ファイアストン買収時には、社長秘書として実務を取り仕切るなど、海外事業に多大な貢献をする。タイ現地法人CEOとしては、国内トップシェアを確立するとともに東南アジアにおける一大拠点に仕立て上げたほか、ヨーロッパ現地法人CEOとしては、就任時に非常に厳しい経営状況にあった欧州事業の立て直しを成功させる。 その後、本社副社長などを経て、同社がフランスのミシュランを抜いて世界トップシェア企業の地位を奪還した翌年、2006年に本社CEOに就任。「名実ともに世界ナンバーワン企業としての基盤を築く」を旗印に、世界約14万人の従業員を率いる。2008年のリーマンショックなどの危機をくぐりぬけながら、創業以来最大規模の組織改革を敢行したほか、独自のグローバル・マネジメント・システムも導入。また、世界中の工場の統廃合・新設を急ピッチで進めるとともに、基礎研究に多大な投資をすることで長期的な企業戦略も明確化するなど、一部メディアから「超強気の経営」と称せられるアグレッシブな経営を展開。その結果、ROA6%という当初目標を達成する。2012年3月に会長就任。2013年3月に相談役に退いた。キリンホールディングス株式会社社外取締役などを歴任。

荒川詔四(あらかわ・しょうし)/世界最大のタイヤメーカー株式会社ブリヂストン元CEO。1944年山形県生まれ。東京外国語大学外国語学部インドシナ語学科卒業後、ブリヂストンタイヤ(のちにブリヂストン)入社。タイ、中近東、中国、ヨーロッパなどでキャリアを積むほか、アメリカの国民的企業ファイアストン買収時には、社長秘書として実務を取り仕切るなど、海外事業に多大な貢献をする。タイ現地法人CEOとしては、国内トップシェアを確立するとともに東南アジアにおける一大拠点に仕立て上げたほか、ヨーロッパ現地法人CEOとしては、就任時に非常に厳しい経営状況にあった欧州事業の立て直しを成功させる。 その後、本社副社長などを経て、同社がフランスのミシュランを抜いて世界トップシェア企業の地位を奪還した翌年、2006年に本社CEOに就任。「名実ともに世界ナンバーワン企業としての基盤を築く」を旗印に、世界約14万人の従業員を率いる。2008年のリーマンショックなどの危機をくぐりぬけながら、創業以来最大規模の組織改革を敢行したほか、独自のグローバル・マネジメント・システムも導入。また、世界中の工場の統廃合・新設を急ピッチで進めるとともに、基礎研究に多大な投資をすることで長期的な企業戦略も明確化するなど、一部メディアから「超強気の経営」と称せられるアグレッシブな経営を展開。その結果、ROA6%という当初目標を達成する。2012年3月に会長就任。2013年3月に相談役に退いた。キリンホールディングス株式会社社外取締役などを歴任。

「優れたリーダーはみな小心者である」。この言葉を目にして、「そんなわけがないだろう」と思う人も多いだろう。しかし、この言葉を、世界No.1シェアを誇る、日本を代表するグローバル企業である(株)ブリヂストンのCEOとして、14万人を率いた人物が口にしたとすればどうだろう? ブリヂストン元CEOとして大きな実績を残した荒川詔四氏が執筆した『優れたリーダーはみな小心者である。』(ダイヤモンド社)が9月22日に発売される。本連載では、本書から抜粋しながら、世界を舞台に活躍した荒川氏の超実践的「リーダー論」を紹介する。

●「人格者」ぶってみたところで、周囲には“馬脚”は丸見え

 優れたリーダーは人格者である――。

 多くの人がそう考えています。たしかに、私がこれまでに接してきた優れたリーダーは、みな「人格者」という言葉がぴったりくる人物ばかりです。あらゆる人に対して公平で、懐が深く、謙虚。誰かの悪口を言うこともなく、常に周囲に対してポジティブに接する。厳しさのなかに、やさしさが備わっている……。そんな人物こそが、優れたリーダーであるのは事実だと思います。

 ただ、だからといって、人格者をめざす必要はないと私は考えています。

 なぜなら、それは非常に難しいことだからです。私自身がそうです。私は平凡な人間ですから、失礼な部下がいれば腹も立ちますし、簡単な仕事すらうまくできない部下がいればイライラを感じます。心身ともに疲れたときには、ネガティブな気持ちになることもあります。それが、ウソ偽りのない自分なのです。

 にもかかわらず、「人格者でなければ……」などと考えて、そんな自分を矯正しようとしても苦しいだけ。しょせん無理な相談ですし、人格者ぶってみたところで、周囲の人々には“馬脚”は丸見えです。だったら、素のままの自分でいたほうがよほどいいのではないでしょうか?

 とはいえ、だからと言って開き直っているようでは、リーダーとして成長することはできません。では、どうすればいいのか?

 私の答えはこれです。合目的的であることに徹する。これに尽きると思うのです。

「合目的的である」とは、目的に合致する言動に徹するということです。ある部署のリーダーを任されているのであれば、その目的は、その部署に課された目標を達成すること。であれば、その目的に適うことだけをやり、目的に適わないことは一切やらない。これを徹底することによって、結果として、自然と人格は備わってくる。私は、そう考えているのです。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい