プライベートバンクは、富裕層にどんなサービスをしているのか? (1/5) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プライベートバンクは、富裕層にどんなサービスをしているのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
冨田和成ダイヤモンド・オンライン

 元プライベートバンカーで、現在はフィンテック企業の経営者として金融情報に精通する著者が、その知識と経験を初めて公開する『プライベートバンクは、富裕層に何を教えているのか?』がついに発売!

 同書から一部を改変して、プライベートバンクが顧客である富裕層に提供する、金融以外のサービスを紹介します。

●プライベートバンクの非金融サービス一覧

 プライベートバンクが富裕層に提供している具体的な資産運用法については、この連載でも後ほど説明します。ここではそれ以外にどのようなサービスを顧客に提供しているのか、主だったものを挙げていきましょう。

 こうした非金融部分でのサービスも富裕層にとっては大きな魅力であり、プライベートバンクとしてもそれを理解し、力を入れています。

◎ステータス系サービスの紹介

 自分の資産を数字で公言することには抵抗があっても、ステータスであれば自慢したいと思う富裕層は多くいます。ステータスを表すものとしては「ブラックカード」が典型ですが、それ以外にも、限られた人しかメンバーになれないコミュニティーやラウンジ、サロン、バー、ゴルフ場など、プライベートバンクの顧客になることで開く扉がたくさんあります。

 プライベートバンクは、お金さえ持っていれば無条件で顧客になれるわけではありません。各社独自の身辺調査をするので、犯罪歴のある人やグレーなビジネスをしている人は審査で落ちます。つまり、プライベートバンクの顧客であるということ自体が一種のステータスであり、厳格な会員制のところでもすんなりと会員になれるなどの特別待遇が受けやすいのです。

◎事業成長のサポート

 顧客が経営者の場合、その会社の繁栄はオーナー社長の保有する資産が増えていくことを意味するので、プライベートバンクにとっても重要なことです。

 その点で有利なのが大手金融機関系のプライベートバンク。銀行系であれば本部と掛け合って有利な条件で事業融資を引き出したり、証券系であれば第三者割当増資の手配をしたり、もしくは金融機関ならではのネットワークを活かしたビジネスマッチングをすることもあります。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加