Nissim Otmazgin

Nissim Otmazgin(ニシム・オトマズキン)/国立ヘブライ大学教授、同大東アジア学科学科長。トルーマン研究所所長。1996年、東洋言語学院(東京都)にて言語文化学を学ぶ。2000年エルサレム・ヘブライ大にて政治学および東アジア地域学を修了。2007年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了、博士号を取得。同年10月、アジア地域の社会文化に関する優秀な論文に送られる第6回井植記念「アジア太平洋研究賞」を受賞。12年エルサレム・ヘブライ大学学長賞を受賞。研究分野は「日本政治と外交関係」「アジアにおける日本の文化外交」など。京都をこよなく愛している。

  • 手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった

    手塚治虫の名作の背景に、日本のユダヤ人社会があった

     横浜港からそう遠くはない山手の丘の上にある「外国人墓地」の片隅に、ユダヤ人たちの墓があります。この横浜の外国人墓地は、1859年に設置されました。それは諸外国との交易のために開港してからすぐのことで

    dot.

    2/1

  • イスラエルは人口の約半分が外国生まれ モロッコとイスラエルの国交正常化を考える

    イスラエルは人口の約半分が外国生まれ モロッコとイスラエルの国交正常化を考える

     私はイスラエル生まれのイスラエル育ちですが、私の両親は2人とも3600万人が暮らす北アフリカのモロッコ出身です。父はモロッコ南西部の港町エッサウィラのユダヤ人家庭に生まれ、1948年、14歳のときに

    dot.

    12/30

  • 聖地エルサレムに日本の建築がつくられている理由

    聖地エルサレムに日本の建築がつくられている理由

     イスラエル・エルサレムの新市街と旧市街をつなぐあたりに、白い立派なロシア正教の聖三位一体大聖堂(ホーリートリニティ大聖堂)があります。最近このあたりを歩いていると、巨大な複合施設が新しく建設されてい

    dot.

    11/13

  • ナゴルノ紛争の当事国、アルメニアはどんな国? アルメニア人とユダヤ人の共通点

    ナゴルノ紛争の当事国、アルメニアはどんな国? アルメニア人とユダヤ人の共通点

     イスラエルの古都エルサレムの旧市街は、大きな石塀に囲まれた細い路地が入り組み、迷路のようです。日中でも薄暗い路地を歩いていると美しい陶磁器タイルで彩られたアルメニア人の店が目に入ります。アルメニア陶

    dot.

    10/27

  • 「ルールに従わない」イスラエル人と新型コロナ感染の関係

    「ルールに従わない」イスラエル人と新型コロナ感染の関係

     新型コロナウイルスの感染者数が減らないイスラエルは9月、再び3週間のロックダウン(都市封鎖)に突入しました。これは春に1カ月以上にわたるロックダウンが終了してから2度目です。今回はもちろん「第2波」

    dot.

    10/3

  • イスラエルとUAEの国交正常化を読み解く

    イスラエルとUAEの国交正常化を読み解く

     イスラエルは8月、UAE(アラブ首長国連邦)との国交正常化を発表しました。イスラエルでは誰も予想しておらず、相当な驚きをもってこのニュースは迎えられました。最近、イスラエル政府はコロナ対策に関心を奪

    dot.

    9/5

  • コロナ禍のイスラエルで、デモが激化している

    コロナ禍のイスラエルで、デモが激化している

     この2週間にわたって、イスラエルのエルサレム中心部にある首相公邸の前で、大規模なデモが連日行われています。デモの参加者は、若者や年配者、ひとりの人もいれば家族で参加している人たちもいます。デモの目的

    dot.

    8/5

  • イスラエルでコロナの状況が安定しても国境を開かない本当の理由

    イスラエルでコロナの状況が安定しても国境を開かない本当の理由

     2019年5月、イスラエルの航空会社エルアルは、テルアビブから成田に毎週直行便3便を運航させると発表しました。2020年3月に開始する予定だったフライトは、16年越しの交渉のすえに実現しました。多く

    dot.

    6/30

  • コロナ禍が生んだ、イスラエルとパレスチナのコラボ

    コロナ禍が生んだ、イスラエルとパレスチナのコラボ

     感染性の病気は、自然界の鳥や昆虫と同様、国境も民族の壁も区別しません。コロナウイルスの蔓延は、まさにイスラエルとパレスチナ間においてその事例となりました。 高い壁がイスラエルとパレスチナ自治区の間を

    dot.

    5/31

  • コロナ危機で際立つ イスラエルと日本の「経済の重要性」の違い

    コロナ危機で際立つ イスラエルと日本の「経済の重要性」の違い

     イスラエルでは、コロナウイルスによる社会封鎖が続き、経済への影響は深刻になっています。この長期間の企業や商店の閉鎖によって900億シェケル(250億米ドル)の経済損失が見積もられています。 失業率は

    dot.

    5/15

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す