(2ページ目)Nissim Otmazgin〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Nissim Otmazgin

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nissim Otmazgin

Nissim Otmazgin

Nissim Otmazgin(ニシム・オトマズキン)/国立ヘブライ大学教授、同大東アジア学科学科長。トルーマン研究所所長。1996年、東洋言語学院(東京都)にて言語文化学を学ぶ。2000年エルサレム・ヘブライ大にて政治学および東アジア地域学を修了。2007年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了、博士号を取得。同年10月、アジア地域の社会文化に関する優秀な論文に送られる第6回井植記念「アジア太平洋研究賞」を受賞。12年エルサレム・ヘブライ大学学長賞を受賞。研究分野は「日本政治と外交関係」「アジアにおける日本の文化外交」など。京都をこよなく愛している。

  • テルアビブにはすし屋が200軒ある!?

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     2018年12月の第一日曜日、120人の若いイスラエル人が集まり3時間の「日本語能力試験」に挑戦しました。日本語を母語としない人たちが、同時に世界中40カ国で読解、リスニングなどの科目に挑んだのです。 ヘブライ大の女子学生ハナ・プロツキンさんも試験を受けました。彼女にとってこの試験の意味は、単に挑...

  • アインシュタインとチェリートマト

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     私の勤める国立ヘブライ大学は1918(大正7)年に設立されました。イスラエルの建国が1948年ですから、国ができる30年前に世界中のユダヤ人の寄付によってつくられたのです。ところで、この二十年間は寄付以外に予期せぬ大きな収入源ができました。アインシュタインとミニトマトです。 偉大な科学者アルバート...

  • 日本、妻、サムライ

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     はじめまして。ニシム・オトマズキンといいます。イスラエルのエルサレムと京都を行き来しながら「日本の政治と文化」を専門として、ヘブライ大で学生たちに日本について教えています。近年はイスラエル人のあいだで日本の文化や社会について感心が高まっている。京都とは縁が深く、京大大学院に留学して8年間住んでいま...