第1349回 奇跡の日々を過ごす車いすのこてつ

動物

2019/11/15 16:37

「進行性脊髄軟化症」──外科手術適応外、有効な治療法はなく、犬が発症するとかなりの確率で死に至る恐ろしい病気だ。しかしそんなこと、こてつ(写真、雄、9歳)が発症するまでは知らなかった。

あわせて読みたい

  • 2度も奇跡を経験 車椅子で散歩を楽しむ甘えん坊ワンちゃん・こてつ

    2度も奇跡を経験 車椅子で散歩を楽しむ甘えん坊ワンちゃん・こてつ

    週刊朝日

    6/19

    要介護5でもウィーン旅行へ! 72歳音楽家に起こった奇跡

    要介護5でもウィーン旅行へ! 72歳音楽家に起こった奇跡

    週刊朝日

    8/3

  • 車いすテニスの第一人者としてでなく、今も「挑戦者」として試合に向かう プロ車いすテニスプレーヤー・国枝慎吾<現代の肖像>

    車いすテニスの第一人者としてでなく、今も「挑戦者」として試合に向かう プロ車いすテニスプレーヤー・国枝慎吾<現代の肖像>

    AERA

    8/23

    再生医療で犬のヘルニア克服へ 脂肪組織で作る「DFAT」から神経細胞ができた

    再生医療で犬のヘルニア克服へ 脂肪組織で作る「DFAT」から神経細胞ができた

    AERA

    7/11

  • 冬の女王・村岡桃佳が陸上女子100メートルへ 号泣したあの夜からの飛躍

    冬の女王・村岡桃佳が陸上女子100メートルへ 号泣したあの夜からの飛躍

    AERA

    9/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す