第1174回 愛しすぎて猫アレルギーに

2016/04/28 10:38

 飼い猫の「めんちょい」(写真、7歳)と連れ添って7年。一人の時も結婚してからも、彼女は私だけを、ずっと好きでいてくれる。冬なんて、毛布をフミフミしながら甘えてきちゃって、なんて可愛いんだろう。
 まず私のおなかにおなかをベタッとくっつけ、前足を交互に踏みしめる。だんだん調子が上がると、爪をギュッギュッと食い込ませてくる。フミフミが終わるころには腹に血が滲んで、ミミズ脹れになるほど……。愛は時に痛みを伴う。
 夜中、私がベッドに入ると、なぜかわざわざ首の上に乗ってくる。それでゴロゴロいうもんだから、そのまま朝まで首に重しをのっけたままだ──お、重い。しかし彼女が幸せそうで何よりである。
 飼い始めてしばらくして、調子がおかしいと、アレルギーの検査をした。結果は猫部分の数値が高すぎて測定不能。猫アレルギーだ。
 くしゃみ、かゆみ、肌荒れだけでなく、呼吸器まで調子が悪くなる。寝込むと、めんちょいは心配して布団に潜り込んでくる──。
 いや、調子が悪いのは猫のせいだが……。だからといって、この子と離れて暮らすなんて考えられない。
 彼女はひたすら私を心配してそばにいる。私のことが好きで甘えてくる。こんなのって他にない。愛が形を持ったものが私にとっての猫なのだ。
 その後、アレルギー症状は、生活を正して仕事が落ち着くと軽減してきた。
 今でも不眠不休が続くとちょっと呼吸がつらくなるが、前のような無茶はしないと決めている。何たって彼女が毎晩甘えてくるから。
 今日も私は免疫力を高めるためにちゃんと睡眠をとるし、無理なダイエットもしない。好き嫌いも暴飲暴食もせず、健康に努める。
 私が体を整えるのは、ひとえに猫のためである。

あわせて読みたい

  • 第1343回 ジルのおかげで猫アレルギー解消

    第1343回 ジルのおかげで猫アレルギー解消

    週刊朝日

    10/3

    金曜夜にはニャーニャーせがむ 「ナイトスクープ」好きなサバトラ猫

    金曜夜にはニャーニャーせがむ 「ナイトスクープ」好きなサバトラ猫

    週刊朝日

    11/5

  • 多頭飼育現場からレスキューされた兄弟猫の運命の分かれ道 「また一緒に暮らす日まで」

    多頭飼育現場からレスキューされた兄弟猫の運命の分かれ道 「また一緒に暮らす日まで」

    dot.

    1/29

    「お帰りケニア」愛する猫は小さな骨壺で戻ってきた 海外暮らしを癒やしてくれた2年間に感謝
    筆者の顔写真

    水野マルコ

    「お帰りケニア」愛する猫は小さな骨壺で戻ってきた 海外暮らしを癒やしてくれた2年間に感謝

    dot.

    5/7

  • 【ペット自慢】衰弱した子猫を会社で介抱し…猫アレルギーを吹き飛ばす可愛さ

    【ペット自慢】衰弱した子猫を会社で介抱し…猫アレルギーを吹き飛ばす可愛さ

    週刊朝日

    12/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す