第1072回 畑で助けた子猫、今はたくましく 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1072回 畑で助けた子猫、今はたくましく

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 少しばかりの菜園いじりを趣味としている私。昨年の9月、畑に行ってびっくりした。エンドウマメのネットに子猫が引っ掛かっている。ネットが体に巻き付き、はりつけにされたような格好で鳴いていた。
 見て見ぬふりも考えたが、このままでは死ぬ。私が助けないで誰が助ける?
 ネットを切り刻んで猫を救出すると、早速病院へ。 左前脚と右後ろ脚にはネットによる擦り傷があり、骨も折れているとのこと。しかし生後まだ2週間でギプスもできないと言われ、化膿止めの薬と猫用ミルクと哺乳瓶を購入。そして段ボール箱で猫用の寝室を作り、私の猫育てが始まった。
 まず、3時間おきのミルク。でも、夜は私が寝るからほったらかし。私が半日出かけた時は、帰宅後、しがみついてきたなぁ……。
 便秘がちな子猫のため、お湯で温めた布でお尻周辺をマッサージし、下痢で汚れるとバケツ風呂に入れる……毎日がこの調子だったが、何とか元気に育った。
 私や主人を見ると、ジャンプして肩まで上がる。少しでも猫缶を開ける音がしたら、大急ぎで餌箱の前に座る。動く物を見ると猛ダッシュ。かくして、生後半年にして捕獲したネズミは3匹。これも生後2週間で親猫とはぐれ、1匹で生き抜く決心をしたためか?
 彼は、とにもかくにも丈夫でたくましく、でも時にはご近所さんにも愛嬌をふりまく可愛い猫になりました(写真)。
 名前は、麦のようにたくましくという意味でムギ。
 けがのため右後ろ脚の指がなく、左前脚が少し曲がっていますが、窓から脱走して塀の上を元気に散歩。時には、犬から逃げるため木登りも。たくましさと人懐っこさで、子どものいない私たち夫婦を癒やしてちょうだいね。私もおいしい猫缶、サービスすっからね。

(村上順子さん 広島県/46歳/主婦)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2014/4/17 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい