第1060回 ハードボイルドなシマちゃん 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1060回 ハードボイルドなシマちゃん

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノラ猫シマちゃん(写真)はサバイバルの王様です。
 初めて出会ったのは8年前。彼は隣の空き地を深く掘って用を足すと、一生懸命土をかけ、においをかいでまた土をかけ、全くわからなくして立ち去りました。
 その毅然とした態度に感動して「うちでエサあげるからおいで」と誘っても、見向きもしません。2メートルも跳び上がってセミを捕り、田んぼのバッタやイナゴを食べ、決してゴミ袋を破ったりはしません。
 1年も声をかけ続けたのに、シマちゃんは人間にはかかわりませんでしたが、そのころから雌の子猫がついて歩くようになりました。
 シマちゃんはその子に虫を捕ってあげるのですが、うまく受けとれなくて逃がしてしまいます。すると、シマちゃんは子猫に私の置いたエサを食べさせるようになりました。でも自分は横で見ていて食べません。
 冬は小屋を作ってあげました。中に毛布を貼り、カイロも入れて待ちましたが、入ってくれません。3年もたったころ、夜、シマちゃんがその子猫のヨメちゃんを抱えて中で眠っているのを見つけました。その可愛いこと!
 そのころからシマちゃんもごはんを食べてくれるようになりましたが、幸せは長く続きませんでした。
 5年前、大きくなったヨメちゃんが大通りに遊びに出て、車にひかれてしまったのです。血だらけのヨメちゃんを抱えて帰り、花を添えて葬りました。
 シマちゃんは何度も見に来て、「わあ大変!」と思ったようですが、死がわからず、翌朝からあちこち捜して可哀想でした。
 今では、ひとりになって寂しそうなシマちゃんを、抱き締めてあげられるまでになりました。
 弱いものには優しく、男らしく凛としたシマちゃんは私の人生のお手本です。

(塚原サカエさん 静岡県/89歳/音楽教師)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2014/1/23 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい