第40回 イラッをネタにして楽しむ (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第40回 イラッをネタにして楽しむ

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 年が離れた人とのコミュニケーションなどでうまく行かないときは、“10年前にあったもの、なかったもの”を思い出してみる。

 すると、「しゃあないなあ」「わたしが、もっと気を使うべきだった」と、意外と謙虚になれる。

「こんなことくらいわかるはず」と、思うからイラッとしたり、腹が立つ。

 年下の人とのコミュニケーションにイラッとするくらいなら、

「このジェネレーションギャップ、ネタにして笑いにするぞ」

「同年代や年上の人との飲み会で使えるかも」

 と、楽しむことにしている。

 その中で最近あった話。

 小学校の先生が、DVDを見ているときに生徒に、

「今のシーン、巻き戻して」

 と、言ったところ、

「巻き戻し……?」

 と、キョトンとされた。

 DVDになってから、リモコンが「巻き戻し」ではなく「早戻し」になっていることを知った。

「いつまでもビデオ世代の言葉使ってたらダメだよ」

 と、先生は笑っていた。

 ある建設会社での話。

「緊急連絡しなければならない時があるから電話番号を教えてくれ」

 と、新入社員に40代の上司が言った。

「電話番号なんて使わないですよ」

 と、新入社員からの返事。

「どういうこと?」

 と疑問に思った40代上司が理由を尋ねてみると、

「LINEの無料通話を使っているから」

 とのこと。

 LINEは、コミュニケーションのアプリになるだけでなく、通話機能もある。

 だから、電話番号なんて必要なかったのだ。


(更新 2015/11/24 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

あわせて読みたい あわせて読みたい