第28回 介護から見えるもの (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第28回 介護から見えるもの

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 わたしの母は、「趣味は、介護?」と思えるくらい人の介護をしてきた。

 幼いころ、子どものいない叔母のところに養女に出された母は、叔母夫婦の介護を最後までした。

 それだけでなく、兄弟が他に何人もいるにもかかわらず、

「みんなが面倒見れない……っていうから……」

 と、自分を産んだ両親の面倒をみた。

 そして、よくわからないけれど、ある日から、わたしがほとんど知らない女性が家にしょっちゅう来るようになっていた。

「身寄りがないから」

 と、遠い親戚の面倒まで見ていた。

 また、事故で要介護5になった父の介護を4年間した。もちろん、下の世話もしていた。

「ほんま、よくそんなに人の面倒を見れるね」

 と、思わず母に突っ込んだ。

 母から、返ってきた言葉は、

「みんな可愛らしいよ」

「最後まで関わったら、意外と清々しい気分になれるよ」

 そして、笑いながら言う。

「わたし、ちょっとした介護のプロだよね」

 そんな母だから、わたしは、心底、最後まで幸せでいてほしい。

 そう思っている。

 母の近くには、ありがたいことに、わたしの弟夫婦が2組とも住んでいるし、お嫁さん2人も孫も、本当に母と楽しくやってくれている。

 わたしは、そんな弟たちとその家族に感謝している。

 だから、時々、出張先から、子どもたちの好きそうなものを送る。

 近くに住んでいない私が、将来、どこまで介護できるかどうかわからないけれど、せめて、気をつかうことだけはしたいと思っている。

「いつも、ありがとう」という気持ちを大切にしている。

 わたしの知人で山田由理枝さんという女性がいる。

 夫と会社を経営しているだけでなく、営業もする。

 商工会婦人部のお世話もするし、いろんな人の面倒も見ている。

 そして、彼女は、姑さんの介護もして、舅の面倒も見ている。

 そんな彼女が、役所の介護の会議に「有識者の意見を聞きたい」と呼ばれた。

 そして、帰ってきて言った。


(更新 2015/8/25 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい