第27回 自分にベクトルを向ける (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第27回 自分にベクトルを向ける

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 新潟で不登校の子どもたちのためにフリースクール「寺子屋ありがとう」を経営している岸本達也さんという男性がいる。

 彼は、かつて船乗りだった。

 ところが、彼は病気になって、体調を壊した。休職と復職を繰り返す日々。

 めまいがするために船にも乗れなくなった。

 休職しているときに、友人から相談を受けた。

「子どもが不登校になって高校を辞めたんだ」

「僕、時間あるし、勉強みてあげようか?」

 ということで、友人の子どもの勉強の面倒をみた。

 そして、その友人の子どもは大検に受かった。

 両親にも、その子にも感謝された。

 人に感謝されることが嬉しくて、

「不登校の子供たちのためのフリースクールをやろう!」

 と岸本さんはフリースクールを立ち上げた。

 ところが、思ったようにうまくいかない。

 言うことをきいてくれない子どもたち。

「岸本さんに預けたのに効果ない」と、文句を言う親たち。

「そんなに簡単にできるはずがない」と、冷たい先生たち。

 そんな現実に、岸本さんは「教育委員会が悪い」「モンスターペアレントが悪い」と、いろんな人を責めた。

 それだけでなく、生徒たちとも言い合いをした。取っ組み合いになったこともある。

 そんなある日、取材を受けた。

 不登校の子どもたちのためにスクールを立ち上げた際の思いを熱く語った。

 けれども、それを聞いた記者が言った。

「本当は、岸本さん、自分のためにスクールを開いたんじゃないですか?」


(更新 2015/8/18 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

あわせて読みたい あわせて読みたい