福岡の劇団・ガラパゴスダイナモスに流れる「面白がらせたい」魂 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

福岡の劇団・ガラパゴスダイナモスに流れる「面白がらせたい」魂

文・中島かずき

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

『万能グローブ ガラパゴスダイナモス』の東京公演が、2/3から始まります。
 作、演出の川口大樹くんから依頼があり、その2/4の公演終演後のアフタートークに出演することになりました。
 実は、まだ一度も『万能グローブ ガラパゴスダイナモス』の芝居を観たことがないので、アフタートークも何を喋れるか、ちょっと不安な部分もあります。
 では、なぜこの依頼を受けたのかという話なのですが・・・。
 
『万能グローブ ガラパゴスダイナモス』、通称ガラパは、福岡で活躍している劇団です。主にシチュエーションコメディを得意とし、今では1000人を越えるお客さんを動員するとか。地方で、この数は、大した物です。
 川口君とは、僕が九州戯曲賞の審査員をやっている関係で知り合いました。
 九州戯曲賞は、審査発表を本人達の目の前でやります。
 審査会で結果を決めると、審査員はその足で候補者達が待つ居酒屋に行きます。
 発表はその居酒屋で行い、そのあと候補者と審査員が飲みながら話をする。全く格式張らない。飲み会になれば、審査員と候補者というよりは、演劇に関わる先輩と後輩です。作劇術から仕事をしながら演劇をやり続けていく現実論まで、話題は多岐に亘ります。
 特に地方で芝居をやろうと考えているアマチュアが、東京の演劇関係者と会える機会はなかなかありません。こういう機会にできるだけいろんな話ができたほうがいい。こちらにとっても刺激になることもあります。九州らしい、ざっくばらんなやり方で、僕は気に入っています。
 川口君ともその席で知り合いました。
 彼の作品はシチュエーションコメディです。
 二年とも作風は同じ。ある一つの場所を設定し、そこに様々な人が出入りする。それぞれが嘘をごまかしたり、素っ頓狂な人物がでることで笑わせるスラプスティックです。
 人物の出し入れやギャグの仕込み方など、テクニックはあります。
 二年連続で最終候補に残ったのも、うなずける。
 でも、おもしろい状況を作るための展開に持って行く流れが、少々荒っぽくて、僕も素直に受賞作としては推せませんでした。
 それじゃなくても、こういう「ただ面白ければいい」という作風は、賞をもらうのはなかなか難しい。
 僕自身がそうだったから、よくわかる。
 審査員にアラを指摘されないような精緻な作品か、もしくは「ただ、面白いだけだが、ここまで面白ければそれでいい」と思わせるだけの力業か、いずれにしろ、かなり技量が問われることになる作風なのですね。
 アカデミー賞の例をあげるまでもなく、エンターテインメントの世界でも受賞となると「ただ面白い、ただ笑わせる」だけの作品というのは、なかなか評価されにくいんです。ましてや演劇の賞となると、なおさらです。
 それでも、「ただお客さんを面白がらせたい」。そのことだけを考え、その事だけを必死でやる劇団は、やっぱり応援したいです。実際、「ホンとしては荒いけど、きっと舞台を観に来たお客さんは喜ぶだろうな」と思えるようなサービス精神に溢れた脚本でもあったのは確かです。
 
 しかし、お客さんに受けたいという気持ちをてらいなくストレートに舞台にぶつけるのは、博多の血なのですかね。
 もっとも、川口君はいのうえひでのりと同じ大濠高校演劇部の出身。
 高校一年の時、演劇部に勧誘され、部室で初めて見せられたのが新感線のネタ物公演、『直撃ドラゴンロック轟天』のビデオですから、僕達と同じ匂いがするのはむしろ当然かもしれません。僕らも、若い頃、自分達を突き動かしていたのは「お客さんを有無を言わせぬくらい面白がらせたい」という情動でしたから。

 今回、ガラパ初の東京公演ですが、幸いにして前売りチケットは完売とか。
 この不況のご時世にたいしたものです。
 期待されている分、いい舞台をやってほしいですね。
 自分がアフタートークで何を話せるか、それも芝居を観ないと僕自身わからない。まあ、それも楽しみではあるのですが。


(更新 2011/2/ 3 )


バックナンバー

コラム一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

中島 かずき(なかしま・かずき)

 劇作家、脚本家。福岡県出身。1985年より劇団☆新感線の座付き作家に。「阿修羅城の瞳」「髑髏城の七人」などの物語性を重視したエンターテイメント時代活劇"いのうえ歌舞伎"を多く生み出す。「アテルイ」で第47回岸田國士戯曲賞受賞。コミック原作や、アニメ「天元突破グレンラガン」(07、09)脚本・シリーズ構成、「仮面ライダーフォーゼ」(11)メイン脚本など幅広く活躍。脚本を手がけた「真田十勇士」(演出:宮田慶子、主演:上川隆也)が8月から上演される

あわせて読みたい あわせて読みたい