森山未來君が"虫化"する舞台『変身』

2010/03/26 13:57

 主人公がある朝目覚めると巨大な虫になっていたと言えば、カフカの『変身』です。
 どんな物語か知らなくても、このシチュエーションとタイトルくらいは多くの人が知っているでしょう。
 
 その『変身』の舞台版を観に行ってきました。
 脚本・演出はスティーブン・バーコフ。
 舞台化するのに、主人公が虫になった姿を巨大な着ぐるみなどで表現しようものなら、たちまち子供向けの怪人ショーになってしまいます。
 別に子供向けの着ぐるみショーをバカにするつもりはありません(むしろ好きなくらいですが)。でも、やはり素材には向き不向きがある。
 主人公の身体的表現で、巨大な虫に見せるわけです。その分、ザムザ役の役者としての力量が問われることになる。
 今回は、森山未來くんが主役のグレゴール・ザムザを演じます。
 彼も劇団☆新感線にはなじみ深い。
 僕の作品だと『五右衛門ロック』のカルマ王子役で出演してもらっています。歌にダンス、マント捌きも鮮やかな立ち回りと、その若い肉体を駆使した芝居は鮮烈な印象を残しています。
 舞台の上でどんな虫を演じるか。殆ど森山くん目当てで観に行ったようなものです。

あわせて読みたい

  • 森山未來 最新舞台は「ジョジョ」荒木飛呂彦作品

    森山未來 最新舞台は「ジョジョ」荒木飛呂彦作品

    週刊朝日

    11/20

  • 森山未來が水中を舞う、King Gnu「泡」のMVがYouTubeでプレミア公開

    森山未來が水中を舞う、King Gnu「泡」のMVがYouTubeでプレミア公開

    Billboard JAPAN

    3/5

    メタモルフォシス

    メタモルフォシス

    週刊朝日

    9/3

  • 女王蜂アヴちゃん×森山未來が共演、湯浅政明監督『犬王』2022年初夏公開

    女王蜂アヴちゃん×森山未來が共演、湯浅政明監督『犬王』2022年初夏公開

    Billboard JAPAN

    7/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す