旅行と落語は相性がいい

2010/01/14 18:14

 もう1月も中旬です。正月と言うのもはばかられる時期になりました。
 去年の年末、『薔薇とサムライ』の追い込みで燃えつきてしまったのか、虚脱状態で新年を迎えてからここまで、まだなんとなく気合いが入りません。
 今月中にやらなければならない仕事があるし、来月は来月で一本、待望の仕事が待っているので、もうそろそろのんびりムードは払拭しなければならないのですが。

 本来なら年末の休みの間に片付けておきたかった本の整理などがあったのですが、去年の後半の無理がたたったのでしょう。二日ほど目眩で寝込んでいました。
 ぐるぐる目が回り、無理に動こうとすると吐き気がしてしまうので寝てないと仕方がないのです。
 そのあと飛行機で帰省する予定だったので、このまま続くとまずいなあと思っていましたが、なんとか帰省の前日にはおさまってくれました。
 ただ、普段のように移動中に読書するのはちょっと怖い。細かい字を見ていてまた目眩を起こすのはいやです。かといって、長い移動時間をボンヤリと過ごすのも時間がもったいない。

あわせて読みたい

  • 子どもと行きたい秋のハイキングスポット〈レジャー特集|神奈川編〉

    子どもと行きたい秋のハイキングスポット〈レジャー特集|神奈川編〉

    tenki.jp

    9/5

    子どもと行きたい、秋のハイキングスポット〈レジャー特集|埼玉編〉

    子どもと行きたい、秋のハイキングスポット〈レジャー特集|埼玉編〉

    tenki.jp

    9/6

  • 旅の概念が変わる 美しき「プロトラベラー」という生き方

    旅の概念が変わる 美しき「プロトラベラー」という生き方

    dot.

    5/5

    日本の伝統や暮らし、四季の情景が息づく古典落語に、冬の名作が多い訳とは…?

    日本の伝統や暮らし、四季の情景が息づく古典落語に、冬の名作が多い訳とは…?

    tenki.jp

    2/13

  • 古今亭志ん朝が亡くなった10月…一之輔「“落語の灯”が本当に消えるかと思った」
    筆者の顔写真

    春風亭一之輔

    古今亭志ん朝が亡くなった10月…一之輔「“落語の灯”が本当に消えるかと思った」

    週刊朝日

    10/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す