トラヴィス・スコット、クリストファー・ノーラン監督最新作の主題歌は「脳が溶けるような時空の旅」? 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トラヴィス・スコット、クリストファー・ノーラン監督最新作の主題歌は「脳が溶けるような時空の旅」?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
トラヴィス・スコット、クリストファー・ノーラン監督最新作の主題歌は「脳が溶けるような時空の旅」?

トラヴィス・スコット、クリストファー・ノーラン監督最新作の主題歌は「脳が溶けるような時空の旅」?


 トラヴィス・スコットが、クリストファー・ノーラン監督の最新映画『TENET テネット』の主題歌「The Plan」を2020年8月21日にリリースすると発表した。

 スコットは、暗赤色の背景に主演のジョン・デヴィッド・ワシントンが浮かんでいるようなヴィジュアルのアートワークに、「FLAME(スコットの別名) X CHRIS NOLAN COOK UP(が作った) THE PLAN FRIDAY」と添えてSNSに投稿した。

 8月18日に公開されたGQの特集記事では、スコットが間違えて「The Plan」をライターの前でかけてしまうというハプニングがあり、記事ではその楽曲を“脳が溶けるような時空の旅”と形容している。また、映画音楽を手掛けたのは初めてだったスコットについてノーラン監督は、「彼の声は、1年かかったパズルの最後のピースだった。(作曲家の)ルドウィグ・ゴランソンと私が組み立てていた音楽と物語のメカニズムに対する(スコットの)見識は即時で、洞察力に富んでいて、核心を突いていた」とメールでコメントしている。

 このインタビューで映画について聞かれたスコットは、「説明すらできないよ。本当に、ただ観てみるしかない。すげーアツい」とだけ答えている。『TENET テネット』は、多くの映画同様、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、当初は2020年7月に予定されていた公開日がまず8月12日に延期され、最終的に全米で9月3日に公開されることになった。日本では9月18日に公開される。

 2018年にリリースした『アストロワールド』に続くニュー・アルバムを制作しているというスコットは、その内容について、「これまで吸収した全ての知識を具体化して、最適な形を作ろうとしている」と答えている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい