サイダーガール、敬愛するKEYTALKと白熱の対バン 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サイダーガール、敬愛するKEYTALKと白熱の対バン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
サイダーガール、敬愛するKEYTALKと白熱の対バン

サイダーガール、敬愛するKEYTALKと白熱の対バン


 サイダーガールが、自主企画ライブツアー【ぼくらのサイダーウォーズ3-先輩、よろしくお願いします-】のファイナル公演を、2019年7月25日に渋谷CLUB QUATTROで開催した。
その他ライブ画像

 今回のツアーでは、メンバーが多大な影響を受け、どうしても共演したいと願っていた先輩バンドを迎え、東名阪での対バンライブツアーを繰り広げた。最終日となった渋谷CLUB QUATTROでの東京公演に迎えたのはKEYTALK。まず彼らがステージに現れると歓声が沸き起こる。

 寺中友将(vo,g)の「サイダーガールからリクエストいただきました!」という叫び声の元に演奏された「太陽系リフレイン」から始まり、過去のアルバム曲から「fiction escape」「MABOROSHI SUMMER」を披露。寺中がビールを片手に再開した演奏に、観客も待ってましたと言わんばかりのレスポンス。「桜花爛漫」「黄昏シンフォニー」「セツナユメミシ」「Love me」と、ノンストップで歌い続けるパワフルなパフォーマンスに観客が虜になり、フロアも揺れる。

 そして、「僕らのツーマンには繋がりのある人を呼んだりするので、この先、主催するときはサイダーガールを声をかけたいと思ってます!」と宣言し、ユニバーサルミュージック移籍第一弾シングルとなる「BUBBLE-GUM MAGIC」になだれ込み、さらに最新曲の「ララ・ラプソディー」から「FLAVOR FLAVOR」まで新旧織り交ぜて披露。「クアトロは(観客との距離が)近くて大好きですー! 最高ー! おまえらタオル回せコラー!」と小野武正(g)が煽り会場の熱気を一気に高める。その勢いのままに「MATSURI BAYASHI」が披露され、最後には「根暗じゃない人もそうじゃない人もみんなパリピになりましょー!」と寺中の掛け声に合わせ、「Summer Venus」で締め。ライブ定番曲をふんだんにパフォーマンスし、会場を温めて後輩へとバトンを渡すように、ステージをあとにした。

 続いて後輩のサイダーガールが、大歓声に包まれながら登場。 代表曲ともいえるメジャーデビュー曲「エバーグリーン」でライブを開始すると、続けて「メッセンジャー」 「パレット」を披露し、観客の大合唱を生み出した。Yurin(vo,g)の「本物の根暗の力を見せつけに来ました」と、先輩KEYTALKの根暗さに対抗したコメントで意気込むと、会場は笑い声で包まれた。

 さらに、「次の曲はみんなで歌えたらと思っているので、練習したいんですけど、その元気ありますか!」とYurinは客席を見渡し、「250%の力でやってください!」とフロアにぶつけると、観客の「イー、アル、イー、アル、サン、スー」の大絶叫により始まった、ニューシングルのカップリング曲「ハートビート」でライブを再開。その勢いを生かして「ぜったいぜつめい」「リバーシブル」を畳みかけ、先輩の熱演に負けじと場内に一体感を生み出していった。「今日はクアトロのみんなを化物(バケモノ)にするためにこの曲を持ってきました!」とフジムラ(b)の掛け声に合わせて「化物」でライブ後半戦を開始すると、「ドラマチック」「夜が明けるまで」を連続でパフォーマンスし、炭酸系サウンドを響かせ、満員の会場を惹き付けた。

 ライブ終盤のMCでは、「実はKEYTALKのロゴを作っている方と、サイダーガールのロゴを作っている方が一緒で。僕らはKEYTALKが元々好きで、その作ってる方になんとか頼んだんです」と、KEYTALK愛を告白。Yurinの「KEYTALKさんが僕らをツアーに呼んでくれると言ったことを僕は聞き逃してない、なのでここにいるみなさんとまた会えたらと思います!」とフロアにぶつけ、「約束」「オーバードライブ」を全力でパフォーマンスした。ラストは「今日は本当にありがとうございました、最後、一緒に歌いましょう!」と観客に呼びかけ、今月3日にリリースしたニューシングル「クローバー」を歌い上げて、熱い本編は幕を閉じた。

 観客の求めに応じたアンコールでは、「どうやって俺らからKEYTALK先輩に愛を伝えようかなって考えた結果、KEYTALKさんの曲を1曲カバーさせていただきます!」と知(g)がコメントすると、ライブ冒頭でKEYTALKが披露した「太陽系リフレイン」をカバー演奏し、場内の観客が一斉に沸いた。さらに、KEYTALKの八木優樹(dr,cho)が観客の中に突如ダイブし、観客のボルテージは最高潮に。

 そして、サイダーガールの自主企画イベント【CIDER LABO Vol.7】&【CIDER LABO Vol.8】を12月に東京・大阪で開催することを発表。勢いそのままに、ゆらぐるダンスでおなじみの「メランコリー」で会場が一体に。最後には、記念撮影のために呼び込まれたKEYTALKのメンバーが、この日のフジムラの誕生日のために本人にサプライズでケーキを持って再登場。ケーキはフジムラの顔に一直線。初めての顔面ケーキを食らったフジムラは「幸せです。本当にありがとうございます」と胸いっぱいの思いを吐露し、拍手と歓声に包まれながら、対バンツアー最終公演を締めくくった。

PHOTO:イシワタ タツル

◎セットリスト
【ぼくらのサイダーウォーズ3 -先輩、よろしくお願いします-】
2019年7月25日(木)渋谷CLUB QUATTRO

<KEYTALK>
01 太陽系リフレイン
02 fiction escape
03 MABOROSHI SUMMER
04 桜花爛漫
05 黄昏シンフォニー
06 セツナユメミシ
07 Love me
08 BUBBLE-GUM MAGIC
09 ララ・ラプソディー
10 FLAVOR FLAVOR
11 MATSURI BAYASHI
12 Summer Venus

<サイダーガール>
01 エバーグリーン
02 メッセンジャー
03 パレット
04 ハートビート
05 ぜったいぜつめい
06 リバーシブル
07 化物
08 ドラマチック
09 夜が明けるまで
10 約束
11 オーバードライブ
12 クローバー
EN1.太陽系リフレイン(KEYTALKカバー)
EN2.メランコリー

◎イベント情報
【CIDER LABO Vol.7】
2019年12月11日(水)umeda TRAD

【CIDER LABO Vol.8】
2019年12月19日(木)渋谷TSUTAYA O-EAST


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい