『7月18日はなんの日?』ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ、ニコの命日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『7月18日はなんの日?』ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ、ニコの命日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『7月18日はなんの日?』ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ、ニコの命日

『7月18日はなんの日?』ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ、ニコの命日


 7月18日はアンディ・ウォーホルの主宰する「ファクトリー」のミューズにして、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのデビュー作『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』への参加で知られる歌手・女優ニコの命日。

 ニコことクリスタ・パフゲンは1938年10月16日、ドイツ生まれ。10代の頃から持ち前の長身を生かしてモデルとしての活動をスタートさせ、『VOGUE』『ELLE』などのファッション誌を中心に活躍。その後、ニューヨークへと渡り、アンディ・ウォーホルのスタジオ「ファクトリー」に出入りし、そこに集っていた才能ある若きアーティストたちとの交流を深めるようになっていった。

 そして1967年、ウォーホルのプロデュースするロック・バンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのデビュー作『ヴェルヴェット・アンダーグラウンド・アンド・ニコ』にボーカリストとして参加。ニコは3曲に参加しているものの、ルー・リードらメンバーの反対もあり正式加入は白紙に。その後、デビュー作『チェルシー・ガール』(1968年)を発表し、ソロ・シンガーとして活動をおこなうようになった。70年代に一度低迷期を迎えたが、80年代に入るとふたたび精力的に活動をおこなうようになり、来日公演も実現。歌姫としてふたたび輝きを取り戻したニコだったが、1988年7月18日、自宅のあったスペイン・イビサ島にて自転車事故による脳内出血で49歳という若さでこの世を去っている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい