村治佳織の最新アルバム『シネマ』が9/19リリース決定、本人コメントも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

村治佳織の最新アルバム『シネマ』が9/19リリース決定、本人コメントも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
村治佳織の最新アルバム『シネマ』が9/19リリース決定、本人コメントも

村治佳織の最新アルバム『シネマ』が9/19リリース決定、本人コメントも


 今年でデビュー25周年&デッカ専属契約15周年を迎える村治佳織が、映画音楽を集めた最新アルバム『シネマ』を2018年9月19日にリリースすることが決定し、本人コメント(https://youtu.be/TMDkLgFWDCE)が公開された。

 村治は2013年に休養を宣言した後、2014年に映画『ふしぎな岬の物語』の音楽参加で演奏活動を再開。それまでも、いくつか映画音楽を録音してきた村治佳織が、本格的に映画音楽だけのアルバムを作ろうと思い立ったのも、こうした流れがあったからのよう。今回の新作アルバムには、『ふしぎな岬の物語』のテーマ曲をはじめ、『ゴッドファーザー』『ニュー・シネマ・パラダイス』『ハウルの動く城』『プライドと偏見」など新旧の名作の音楽を、一部を除き新しいアレンジで収録している。

 村治佳織はこのアルバムの録音のためにギター4本を弾き分けており、そのうち1台は19世紀のヴィンテージ・モデル。また前作同様、弟の村治奏一が2曲デュオで参加している。


◎リリース情報
『シネマ』
2018/9/19 RELEASE
<限定盤(SHM-CD+DVD※スリーヴケース仕様)
UCCD-9980 3,888円(tax in.)

<通常盤(CDのみ)>
UCCD-1466 3,024円(tax in.)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい