エンターテック・プロジェクト“TECHS” ライブイベント&WEBメディアによる新しい活動をスタート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

エンターテック・プロジェクト“TECHS” ライブイベント&WEBメディアによる新しい活動をスタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
エンターテック・プロジェクト“TECHS” ライブイベント&WEBメディアによる新しい活動をスタート

エンターテック・プロジェクト“TECHS” ライブイベント&WEBメディアによる新しい活動をスタート

 “エンターテインメント×テクノロジー=エンターテック”を発信するプロジェクト・TECHSが、10月25日に六本木のSuperDeluxeにてライブイベント【TECHS1@SuperDeluxe】を開催し、同時にWEBメディア“TECHS”をオープンした。このプロジェクトは、音楽プロデューサーの山口哲一氏と浅田祐介氏を中心に、デジタル時代の音楽や音楽ビジネスを進化させる、多くの取り組みを行ってきたスタッフやアーティストが集まり、ライブやWEBメディアという直接ユーザーに向けた発信を行うもの。


 10月25日に行われた【TECHS1@SuperDeluxe】では、“テクノロジーで音楽を拡張する”をテーマに掲げ、オープニングトーク(山口哲一、浅田祐介、黒田有彩)の後、“宇宙飛行士を目指すタレント”黒田有彩が、音楽活動を開始することを発表、初のオリジナル曲を披露した。AIMIは、エレクトロニックなサウンドとバンドスタイルでの楽曲と映像をリンク。“DAW女シンガーソングライター”小南千明は、プロデューサー浅田祐介をサポートに新曲をパフォーマンスし、話題のミュージック・ビデオ・ゲームをライブと融合させた。


 ダンスが光のライブペインティングとなるパフォーマンスを見せたSpininGReen。そしてトリのYun*chiは、2016年3月にアメリカ・テキサス州オースティンで行われたSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)のJAPAN HOUSEで披露した、NTT研究所の脈波センシング技術を用いたパフォーマンスを日本で初披露した。当日は出演者の楽屋裏の様子のPeriscope生配信や、Twitterでライブ風景をリアルタイム更新し、イベントの熱気を伝えた。各出演者がテクノロジーを用いた新しい挑戦を行うと共に、オーディエンスと熱気を伝え合うライブの醍醐味を持ったパフォーマンスを行い、大きな盛り上がりを生み出した。


 また、“エンターテックをカルチャーに”をテーマにしたWEBメディア“TECHS”をオープン。エンターテインメント・テクノロジー関連ニュースを業界で活躍するビジネスパーソンのコメント付きで公開する他、TECHSのイベントレポート、アーティストインタビュー、エンターテインメント×テクノロジーに挑戦する人々やプロジェクトの取材記事等をアップする予定だ。さらに、オンラインだけでなく、エンターテインメント業界と異業界が交流できるオフラインでのミートアップイベントも開催していく。



◎WEBメディア“TECHS”
http://techs.media/


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい