フリートウッド・マックのジョン、がんと診断されツアーをキャンセル 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フリートウッド・マックのジョン、がんと診断されツアーをキャンセル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 フリートウッド・マックのベーシスト、ジョン・マクヴィーが、がんと診断されたことがバンド公式Facebookベージの声明により明らかになった。バンドは、マクヴィーが治療にあたるためオーストラリアとニュージーランドのツアーをキャンセルしている。


 10月27日に投稿されたFacebookには、「大成功を収めているワールドツアーのヨーロッパ公演を終えたばかりのフリートウッド・マックが、予定されていたオーストラリアとニュージーランドでの14公演をキャンセルした。オリジナル・メンバーでありバンド創設者のひとりであるジョン・マクヴィーが、その期間にがんの治療を受けられるよう、現在スケジューリングしている」とある。


 さらに、「オーストラリアとニュージーランドで演奏が出来なくて非常に残念だ。オーストラリアとニュージーランドのファンのみんな、そして世界中のフリートウッド・マックのファンのみんな、我々と一緒にジョンと彼の家族の幸運を祈ろう」と続けられている。


 2003年のアルバム『セイ・ユー・ウィル』以降の新曲4曲をまとめたEP『エクステンデッド・プレイ』を今年4月にリリースしたフリートウッド・マック。2013年のツアーでは、長い間バンドから離れていたキーボードのクリスティン・マクヴィー(ジョンの元妻でもある)が9月のロンドン02アリーナ公演より一時復帰していた。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい