ショーン・メンデス、タイニー参加の新曲「Summer of Love」を8/20にリリース
ショーン・メンデス、タイニー参加の新曲「Summer of Love」を8/20にリリース

 現地時間2021年8月9日、ショーン・メンデスが、プエルトリコ出身のレゲトン・プロデューサーのタイニーとタッグを組んだ新曲「Summer of Love」を8月20日にリリースすることを発表した。

 タイニーは、これまでJ.バルヴィン、バッド・バニー、ダディー・ヤンキー、ローレン・ハウレギ、ジェシー・レイエズなどの人気ラテン系アーティストとコラボし、数々のヒット曲を生み出している。

 この前日に23歳の誕生日を迎えたショーンは、今月頭に新曲のタイトルをひっそりと明かしていた。スペイン語で太陽を意味する「sol」とキャプションされた8月5日投稿の動画で、彼は“Summer of Love”と書かれたスウェットを纏い、海辺でギターを弾いていた。この2日後には、ショーンが美しい夕日をバックにコンバーチブルで山道を運転する、“Summer of Love”とキャプションされた映像に合わせて、曲の一部がお披露目されていた。また、タイニーも自身のラップトップから同曲の音源を流す約16秒の映像をインスタグラムで公開している。

 約1か月前、ショーンはコロンビア人シンガーソングライターのカミロによる「Kesi」の2か国語リミックスに参加していた。彼は、この曲のために恋人のカミラ・カベロにスタジオでスペイン語の指導を受けたことを明かしている。リミックスは、米ビルボード・ラテン・デジタル・ソング・セールス・チャート“Latin Digital Song Sales”で最高10位をマークした。