【先ヨミ・デジタル】めいちゃん「ラナ」ストリーミング首位キープ中 SEKAI NO OWARI「Habit」トップ20に浮上
【先ヨミ・デジタル】めいちゃん「ラナ」ストリーミング首位キープ中 SEKAI NO OWARI「Habit」トップ20に浮上
この記事の写真をすべて見る

 GfK Japanによるストリーミング再生回数レポートから、2022年5月9日~5月11日の集計が明らかとなり、めいちゃん「ラナ」が4,948,611回再生で首位を走っている。

 ゴールデンウィークが終わり、多くの楽曲が前週の先ヨミ時点の再生数を下回るなか、Official髭男dism「ミックスナッツ」は、前週比103.6%となる394.9万回再生を記録し、2位にステイ。同曲は、TVアニメ『SPY×FAMILY』のオープニング・テーマに起用されている。

 また、同アニメのエンディング・テーマに起用されている星野源「喜劇」も、現在8位を走行中。同曲は、前週の週前半3日間の集計を上回る229.7万回再生を記録している。星野源は、来週16日に『CDTVライブ!ライブ!』にて本楽曲をテレビ初披露する予定となっており、今後の動向にも注目だ。

 5位には、2022年5月11日公開チャート(集計期間:2022年5月2日~8日)で12位にデビューしたLE SSERAFIM「FEARLESS」が、247.0万回再生を記録し、初の速報トップ10入り。このまま週間チャート発表までに順位をキープできれば、自身初のトップ10入りとなる。

 トップ10以外の注目曲では、SEKAI NO OWARI「Habit」が181.3万回再生で15位を走っている。映画『ホリック xxxHOLiC』の主題歌に起用されている同曲は、前週37位に初登場。TikTokでは、映画とコラボしたエフェクトが人気を集めており、2022年5月11日公開のTikTok人気楽曲チャート“TikTok Weekly Top 20”でも、4位を獲得している。

◎Billboard JAPANストリーミング・ソング集計速報
(集計期間:2022年5月9日~5月11日)
1位「ラナ」めいちゃん
2位「ミックスナッツ」Official髭男dism
3位「W / X / Y」Tani Yuuki
4位「シンデレラボーイ」Saucy Dog
5位「FEARLESS」LE SSERAFIM
6位「青春ゾンビィィズ」私立恵比寿中学
7位「ベテルギウス」優里
8位「喜劇」星野源
9位「なんでもないよ、」マカロニえんぴつ
10位「LOVE DIVE」IVE

※Billboard JAPANの週間ストリーミング・ソング・チャートは、GfK Japanが提供するオンデマンド型音楽配信サービス(Amazon Music (Unlimitedおよびプライム会員向け音楽ストリーミング)、Apple Music、AWA、HMVmusic、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、Spotify、TOWER RECORDS MUSIC)、プレイリスト型音楽配信サービス(dヒッツ、うたパス)、MRC Dataが提供するYouTube Musicの再生回数を合算して集計していますが、先ヨミ時点の集計値はGfK Japanのデータによる推定値となります。

※2022年4月20日発表チャート以降、総合チャートのストリーミング指標およびストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”において、一部サービスの実再生回数に代わり、その市場シェアを鑑みた計算係数を採用することで、楽曲の総再生回数を算出しています。

暮らしとモノ班 for promotion
7/14更新:今年のAmazonプライムデーでバスケットボール選手・八村塁さんが狙うアイテムは?