メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

今週末、中国地方は貴重な晴れとなる見込みです。その理由は、来週は暖湿気が流れ込み秋雨前線の活動が活発となって、大雨の恐れがあるからです。今週末のカラッとした晴れの天気は、貴重な洗濯、掃除、お出かけ日和となるでしょう。有効にお使いください。

週末 朝は秋の気配 日中は晴れて カラッとした暑さに

画像A
画像A

今朝(26日(金))の中国地方は、山口県の下関で唯一、夜間の最低気温が25度以上の熱帯夜となったものの、その他の地域は熱帯夜から解放され、涼しいと感じられた方も多かったと思います。
中国地方の上空は北から秋の空気に覆われてきており、あす27日(土)~28日(日)にかけては晴れて、昼間はカラッとした暑さになる見込みです。
日中の最高気温は、山陽南部で33度くらい、山陽北部や山陰は30度くらいで、湿度も低めなため、日陰では比較的しのぎやすいでしょう。
朝の最低気温は、内陸部で15度くらいになる所もあるなど、朝は秋を感じさせる涼しさとなる所がありそうです。内陸部では朝晩と昼間の気温差が大きくなるため、体調管理にお気をつけください。

29日(月)から30日(火)天気の変わり目 次第に湿った空気に覆われる

画像B
画像B

29日(月)は徐々に南から湿った空気が流れ込む見込みです。
日中いっぱいは晴れますが、夜は雲が広がりやすくなるでしょう。
朝は内陸部で涼しく感じられますが、昼間は徐々にカラッとした暑さから、蒸し暑さへと変わっていく見込みです。

30日(火)は本州付近に前線がのび、天気は下り坂へと向かうでしょう。雲が多く、午後は次第に雨が降る見込みです。
朝の最低気温は25度以上になる所もあり、沿岸部を中心に熱帯夜復活となりそうです。

31日(水)から 秋雨前線の影響で雨が続く

画像C
画像C

来週後半は前線や湿った空気の影響で曇りや雨の天気が続く見込みです。南の海上にある低気圧が暖かく湿った空気を中国地方へもたらし、前線の活動が活発になる可能性があります。
大雨となる恐れがあるため、注意が必要です。
最新の気象情報を確認してください。

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonプライムデーに出遅れたあなたに!まだ買えるアップル製品はこれ!(16日18時現在)