メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

台風11号は、きのう30日(火)21時に「猛烈な台風」となりました。台風は、このあとも猛烈な勢力を維持しながら、南大東島の東北東の海上を西へ進み、きょう31日(水)の朝から昼前にかけて大東島地方にかなり接近するでしょう。大東島地方では記録的な暴風のおそれがあります。

記録的な暴風のおそれ

画像A
画像A

猛烈な台風11号は、きのう30日(火)23時には、南大東島の東北東約190キロにあって、1時間におよそ30キロの速さで西へ進んでいます。中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートルで中心から半径95キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。台風は、このあとも猛烈な勢力を維持しながら、南大東島の東北東の海上を西へ進み、きょう31日(水)の朝から昼前にかけて大東島地方にかなり接近する見込みです。

大東島地方では、今後急激に風が強まって暴風となるでしょう。明け方からは、一部の住家が倒壊するほどの猛烈な風が吹いて記録的な暴風となるおそれがあります。暴風に厳重に警戒してください。

きょう31日(水)に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、大東島地方で55メートル(75メートル)です。

猛烈な風とは

画像B
画像B

猛烈な風とは、平均風速が30m/s以上の風を表しています。時速だと、およそ110km以上で、特急電車並みの速さです。このような猛烈な風が吹くと、走行中のトラックが横転したり、多くの樹木が倒れたりするおそれがあります。電柱や街灯で倒れるものや、ブロック塀や住家が倒壊するものがでる可能性もあります。(なお、瞬間風速は平均風速の1.5倍程度になることが多く、時には3倍以上になることもあります。)

台風の暴風 家の中でいるべき所は

画像C
画像C

台風は、中心が近づくにつれて暴風をもたらし、さらに台風のスピードが遅いと、暴風が長い時間続く場合があります。また、台風の中心から離れていても、大気の状態が不安定になり、竜巻などの突風が吹くこともあります。暴風や突風によって、建物に様々な物が飛んでくることもありますので、室内でも十分な注意が必要です。

具体的には、台風が近づいている時には、屋内でもできるだけ窓から離れましょう。なるべく家の中心部に近い所で、窓のない部屋に避難してください。もし窓がある場合は、窓を閉めて、カーテンを引き、雨戸やシャッターがあれば、閉めておきましょう。風が強くなってからの屋外での作業は、暴風によって転倒するおそれがありますので、絶対にやめてください。

台風が遠ざかるまで、屋内にとどまってください。