【先ヨミ】三宅健『NEWWW』が現在AL首位走行中 LiSA/SEVENTEENが続く
【先ヨミ】三宅健『NEWWW』が現在AL首位走行中 LiSA/SEVENTEENが続く
この記事の写真をすべて見る

 今週のCDアルバム売上レポートから2022年11月14日~11月16日の集計が明らかとなり、三宅健の『NEWWW』が34,465枚を売り上げ、首位を走っている。

 『NEWWW』は三宅健の1stミニアルバムで、YonYon、80KIDZ、TENDRE、D.A.N.、土岐麻子、sogumm、glowingdog、butaji、Miru Shinoda、Micro(Def Tech)が楽曲提供した全6曲(通常盤は7曲)が収録されている。初回盤Aにはミュージックビデオとメイキング映像、初回盤Bにはソロキャンプに挑戦する映像がそれぞれ収録されたDVD/Blu-rayが付属する。

 現在2位には、LiSAの2年半ぶりとなる6thアルバム『LANDER』が18,847枚で続いている。そして、11月16日発表の週間アルバム・セールス・チャート“Top Albums Sales”で首位を獲得したSEVENTEENの『DREAM』が17,523枚を売り上げて現在3位に付いている。

 4位にはukkaのメジャーデビュー作となるミニアルバム『青春小節』が走っている。そして5位にはデビュー15周年目に突入したC&Kの8thアルバム『CK OILY』が走行中だ。

◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2022年11月14日~11月16日の集計)
1位『NEWWW』三宅健(34,465枚)
2位『LANDER』LiSA(18,847枚)
3位『DREAM』SEVENTEEN(17,523枚)
4位『青春小節』ukka(5,762枚)
5位『CK OILY』C&K(4,884枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

暮らしとモノ班 for promotion
タオル研究所のタオルが圧倒的人気! Amazonのタオル売れ筋ランキング